月別アーカイブ: 2011年2月

2011年2月11日のシリア情勢

シリア・アラブ・テレビは、エジプトでのムハンマド・フスニー・ムバーラク大統領退任に関して、「正統性を失っている諸合意[キャンプデーヴィッド合意]の終焉」をもたらし、「エジプトをアラブの隊列に復帰」させる動きと評価。 シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

2011年2月9日のシリア情勢

シリア人権委員会は、4日に逮捕されたイスラーム民主無所属潮流のガッサーン・ナッジャール氏は、5日にダマスカス第一刑事裁判所で検事の聴取を受け、アドラー中央刑務所に収監されたことを明らかにした。 ナッジャール氏は75歳で、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年2月8日のシリア情勢

『ワタン』系のアルワタンオンラインは、シリア当局が2007年以来ブロックしていたフェイスブックの閲覧を解禁したと報じる。 しかし、シリア情報協会は解除指示が出ていないとこの報道を否定。また利用者によると、同サイトは依然と … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年2月7日のシリア情勢

社会支援国民基金による補助金支給が始まる。 衛星テレビ局ジャズィーラのガッサーン・ベンジッドゥー氏は、シリアでの「怒りの日」結実はないとしつつ、政府に自由と公正を求める。 al-Ḥayāt, February 8, 20 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

2011年2月5日のシリア情勢

前日(4日)に引き続き、「シリア怒りの日」の呼びかけにもかかわらず、国内では反体制デモは発生せず。複数の目撃者によると、デモ会場に指定された場所には、私服の治安要員が多数配備され、ダマスカス県の人民議会議事堂地区では、ハ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年2月4日のシリア情勢

イスラーム無所属潮流のガッサーン・ナッジャール氏が逮捕される。 フェイスブックの「シリア怒りの日」の呼びかけに応じるかたちで、オーストラリア・キャンベルのシリア大使館前でたった1人が抗議行動を行う。 ** 軍・治安機関の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年2月3日のシリア情勢

2月4、5日に予定されている反体制デモ「シリア怒りの日」に対抗するべく、携帯電話のSMSにバッシャール・アサド大統領を支持するメッセージが配信される。 ** 『クドス・アラビー』2月2日付、Kull-nā Shurakā … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年2月2日のシリア情勢

ダマスカス県バーブ・トゥーマー地区でスハイル・アタースィー女史ら約15人がロウソク・デモを断行、エジプトの民衆デモとの連帯と犠牲者追悼を訴える。しかし私服の治安要員約20人が暴行を加えて強制排除。   リーバー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

2011年2月1日のシリア情勢

反体制活動家のアーリフ・ダリーラ氏はQuds Pressに対して、「チュニジアでの経験はアラブ諸国民の前に道を開いた」、「確かにフェイスブックはシリアで規制されている。おそらくすべてのアラブ諸国でそのようなことは行われて … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする