月別アーカイブ: 2012年6月

2012年6月12日のシリア情勢

ハッファ地方の動き 反体制武装集団が展開するハッファ地方では軍による砲撃が続き、SANA(6月12日付)によると、破壊行為を続ける武装テロ集団に対する関係当局の逮捕・追跡が行われ、多数のテロリストを殺害した。また関係当局 … Read More

2012年6月11日のシリア情勢

国内の暴力 ラタキア県では、シリア人権監視団などによると、反体制武装集団が潜伏するハッファ地方への軍・治安部隊の攻撃が続いた。 同地域の住民約30,000人はそのほとんどが既に避難し、「離反兵と武装した市民が残る」だけだ … Read More

2012年6月10日のシリア情勢

ヒムス県の空軍大隊での離反 ヒムス県では、『ハヤート』(6月11日付)などによると、ラスタン市近郊のガントゥー市に駐留する防空大隊内で「大規模な離反」が発生し、反体制武装集団が同大隊本部を占拠、軍・治安部隊が奪還のため、 … Read More

2012年6月9日のシリア情勢

国内の暴力 ヒムス県では、シリア人権監視団によると、軍・治安部隊がヒムス市のハーリディーヤ地区、ジャウラト・シヤーフ地区、カラービース地区、クスール地区の制圧を試み、7人が死亡した。 同地域は、数ヶ月前から反体制勢力の支 … Read More

2012年6月8日のシリア情勢

国内の暴力 各地で反体制武装集団と軍・治安部隊による戦闘が「もっとも激しく」(『ハヤート』(6月9日付)行われ、後者に多数の犠牲者が出る一方、金曜日恒例の一般市民による反体制デモは、反体制勢力の曖昧な発表などから低調だっ … Read More

2012年6月7日のシリア情勢

クバイル村で遺体発見 ハマー県のクバイル村で7日晩、女性や子供を含む民間人の遺体50体以上が発見された、と各紙が報じた。 ** ロンドンを拠点とする反体制組織のシリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラー所長によると、クバ … Read More

2012年6月6日のシリア情勢

国内での主な動き アサド大統領は2012年政令第194号を発し、リヤード・ファリード・ヒジャーブ農業・農業改革大臣を首相に任命し、組閣を要請した。 ヒジャーブ首相(1966年生まれ)はダイル・ザウル市出身のスンナ派で、バ … Read More

2012年6月5日のシリア情勢

人道支援をめぐる動き 国連人道問題調整室(OCHA)は、ヒムス県、イドリブ県、ダルアー県、ダイル・ザウル県での人道支援活動をシリア政府が許可したと発表した。 同報道官によると、現在、シリアでは推定で100万人が人道支援を … Read More

2012年6月4日のシリア情勢

国内の主な動き UPI(6月4日付)によると、変革解放人民戦線に所属する人民議会議員5人が、第10期人民議会の議事が憲法に則っていないと抗議して議場を退席し、審議に参加せずに議事堂内に留まった。 4日の審議は、電力大臣に … Read More

2012年6月3日のシリア情勢

アサド政権の演説 アサド大統領は人民議会で70分にわたり演説し、国内の反体制運動や諸外国の干渉に関する自らの姿勢を明らかにした。 演説で、アサド大統領は、現下のシリアが政治問題に苛まれているとの見方を否定、テロに根ざした … Read More

2012年6月2日のシリア情勢

レバノンの動き 北部県トリポリ市のジャバル・ムフスィン地区、バーブ・タッバーナ地区で住民どうしが衝突、ロケット弾、RPG弾などによる交戦で12人が死亡、40人以上が負傷した。 ジャバル・ムフスィン地区(アラウィー派)はシ … Read More

2012年6月1日のシリア情勢

国内の暴力 『ハヤート』(6月2日付)は、各地で金曜礼拝後に反体制デモが断行され、「数千人が参加した」と報じた。 「数万人が参加した」とされる前週以前の金曜日のデモに比べ、参加者数は少なかったと見られる。 また、シリア人 … Read More