本文へスキップ
現代東アラブ地域研究ネットワーク

レバノン

■ヒズブッラー:党大会と諮問大会とメンバー

末近 浩太

諮問会議と党大会について
第1回党大会(1989年、閉会月非公表)
第2回党大会(1991年5月閉会)
第3回党大会(1993年5月閉会)
第4回党大会(1995年7月閉会)
第5回党大会(1998年7月閉会)
第6回党大会(2001年7月閉会)
第7回党大会(2004年8月閉会)
第8回党大会(2009年11月閉会)
文献リスト

諮問会議と党大会について

諮問会議(Majlis al-Shura)は、ヒズブッラーの最高意思決定機関である。そのメンバーは、3年毎(1989年の第1回から1995年の第4回までは2年毎)に開催される党大会において選出され、書記長(al-Amin al-’Amm)、副書記長(Na’ib al-Amin al-’Amm)、そして党内の5つの専門機関である政治会議(al-Majlis al-Siyasi)、議会活動会議(Majlis al-’Amal al-Niyabi)、執行会議(al-Majlis al-Tanfidhi)、司法会議(al-Majlis al-Shar’i)、ジハード会議(al-Majlis al-Jihadi)の代表者の計7名から構成される。

第1回党大会(1989年)において諮問会議メンバーを7名とすることが定められた後、専門機関や役職にかかる幾度の変更を経て、第4回党大会(1995年)で現行の体制が確立された。しかし、党を取り巻く情勢に応じて、第5回(1998年)における書記長政務補佐官職の新設に見られるように、諮問会議のメンバー構成に入れ替えや若干の変更が加えられることもある。また諮問会議メンバーの構成に関しては、イスラエルなどがイラン人2名を含む計9名からなると主張している。

なお、党大会は、レバノンの各地域(ベイルート、南部地域、ベカーア地域他)を代表する党員約300名によって構成される中央委員会(al-Majlis al-Markazi)を母体とする。

第1回党大会(1989年、閉会月非公表)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 スブヒー・トゥファイリー(Subhi al-Tufayli) シャイフ(al-Shaykh) 新設
副書記長 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) サイイド(al-Sayyid) 新設
政治局局長 不明
執行会議議長 ムハンマド・フサイン・ヤーギー(Muhammad Husayn Yaghi) ハーッジ(al-Hajj) 新設
不明 ムハンマド・ヤズバクムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
不明 不明
不明 不明
(出所)Alagha[2006: 285]、AP, May 21, 1991、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006: Vol. 3]をもとに筆者作成。

第2回党大会(1991年5月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 アッバース・ムーサウィー(’Abbas al-Musawi) サイイド(al-Sayyid)
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治局局長 ムハンマド・フナイシュ(Muhammad Funaysh) ハーッジ(al-Hajj)
執行会議議長 ムハンマド・フサイン・ヤーギー(Muhammad Husayn Yagi) ハーッジ
不明 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) サイイド
不明 不明
不明 不明
(出所)Alagha[2006: 285]、AP, May 21, 1991、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006: Vol. 3]をもとに筆者作成。

第3回党大会(1993年5月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 ハサン・ナスルッラー(Hasan Nasr Allah) サイイド(al-Sayyid)
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治局局長 フサイン・ハリール(Husayn al-Khalil) ハーッジ(al-Hajj)
イスラーム抵抗総司令官 ムフシン・シャカル(Muhsin Shakar) ハーッジ 新設
役職不明 ムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
役職不明 ムハンマド・ラアド(Muhammad Ra’d) ハーッジ
役職不明 アブドゥッラー・カスィール(’Abd Allah al-Qasir) 不明
(出所)Alagha[2006: 44, 286]、Intelligence Newsletter, No. 219 (June 17, 1993)、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006: Vol. 3]をもとに筆者作成。

第4回党大会(1995年7月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 ハサン・ナスルッラー(Hasan Nasr Allah) サイイド(al-Sayyid)
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治会議議長 ムハンマド・ラアド(Muhammad Ra’d) ハーッジ(al-Hajj) 新設。前身は政治局
執行会議議長 不明 サイイド
司法会議議長 ムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
議会活動会議議長 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) ハーッジ 新設
ジハード会議議長 ハーシム・サフィーッディーン(Hashim Safi al-Din) シャイフ 新設。前身はイスラーム抵抗司令官
(出所)Alagha[2006: 44, 287]、Intelligence Newsletter, No. 269 (June 27, 1995)、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006: Vol. 3]をもとに筆者作成。

第5回党大会(1998年7月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 ハサン・ナスルッラー(Hasan Nasr Allah) サイイド(al-Sayyid)
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治会議議長 ムハンマド・ラアド(Muhammad Ra’d) サイイド
執行会議議長 ハーシム・サフィーッディーン(Hashim Safi al-Din) シャイフ
司法会議議長 ムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
議会活動会議議長 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) ハーッジ(al-Hajj)
ジハード会議議長 ムフシン・シャカル(Muhsin Shakar) ハーッジ
書記長政務補佐官 フサイン・ハリール(Husayn al-Khalil) ハーッジ 新設。非公式メンバー
(出所)Intelligence Newsletter, No. 341 (September 3, 1998)、Intelligence Online, December 22, 2006、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006: Vol. 3]、al-Sharq al-Awsat, August 1, 2001をもとに筆者作成。

第6回党大会(2001年7月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 ハサン・ナスルッラー(Hasan Nasr Allah) サイイド(al-Sayyid) ジハード会議議長兼任
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治会議議長 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) サイイド
執行会議議長 ハーシム・サフィーッディーン(Hashim Safi al-Din) シャイフ
司法会議議長 ムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
書記長政務補佐官 フサイン・ハリール(Husayn al-Khalil) ハーッジ(al-Hajj) 正式設置
抵抗問題担当 ジャワード・ヌールッディーン(Jawad Nur al-Din) サイイド 役職の正式名は非公表。殉教者財団総代表やジハード会議議長との報道もあり。またジャワード・ヌールッディーンはイマード・ムグニーヤ(’Imad Mughniya)の偽名とする報道もあり
(出所)AFP, August 7, 2001、Alagha[2006: 178, 290]、Gambill[2008]、Hamzeh[2004: 45]、Intelligence Newsletter, No. 411 (August 23, 2001)、al-Manar TV, August 7, 2001、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006, Vol. 3]、The New York Times, November 29, 2001、al-Sharq al-Awsat, August 1, 2001, August 2, 2001をもとに筆者作成。

第7回党大会(2004年8月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 ハサン・ナスルッラー(Hasan Nasr Allah) サイイド(al-Sayyid) ジハード会議議長兼任
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治会議議長 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) サイイド
執行会議議長 ハーシム・サフィーッディーン(Hashim Safi al-Din) シャイフ
司法会議議長 ムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
書記長政務補佐官 フサイン・ハリール(Husayn al-Khalil) ハーッジ(al-Hajj)
役職不明 ジャワード・ヌールッディーン(Jawad Nur al-Din) サイイド 役職の正式名は非公表。殉教者財団総代表やジハード会議議長との報道もあり。またジャワード・ヌールッディーンはイマード・ムグニーヤ(’Imad Mughniya)の偽名とする報道もあり
(出所)Alagha[2006: 178, 290]、al-Intiqad, August 20, 2004、Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006, Vol. 3]、al-Mustaqbal, August 24, 2004、al-Safir, August 17, 18, 2004、al-Sharq al-Awsat, July 29, 2004をもとに筆者作成。

第8回党大会(2009年11月閉会)

役職 氏名 敬称 備考
書記長 ハサン・ナスルッラー(Hasan Nasr Allah) サイイド(al-Sayyid) ジハード会議議長兼任
副書記長 ナイーム・カースィム(Na’im al-Qasim) シャイフ(al-Shaykh)
政治会議議長 イブラーヒーム・アミーン・サイイド(Ibrahim Amin al-Sayyid) サイイド
執行会議議長 ハーシム・サフィーッディーン(Hashim Safi al-Din) シャイフ
司法会議議長 ムハンマド・ヤズバク(Muhammad Yazbak) シャイフ
議会活動会議 ムハンマド・ラアド(Muhammad Ra’d) ハーッジ(al-Hajj)
書記長政務補佐官 フサイン・ハリール(Husayn al-Khalil) ハーッジ
(出所)al-Intiqad, November 19, 2009、Mawqi’ al-Muqawama al-Islamiya fi Lubnan, November 19, 2009をもとに筆者作成。

文献リスト

<書誌>

Alagha, Joseph[2006]The Shifts in Hizbulla’s Ideology: Religious Ideology, Political Ideology, and Political Program. Amsterdam: Amsterdam University Press.
Gambill, Gary C.[2008]“Hezbollah: Lebanon’s Powerbroker,” The Journal of International Security Affairs, No. 15 (Fall) (2009年4月30日閲覧).
Hamzeh, A. Nizar[2004]In the Path of Hizbullah. New York: Syracuse University Press.
Markaz al-‘Arabi li-l-Ma‘lumat - al-Safir[2006]Hizb Allah: al-Muqawama wa al-Tahrir. 12 Vols. Beirut: Edito International.

<定期刊行物、通信社、テレビ、インターネット・ホームページなど>

AFP (Paris).
AP (New York).
Intelligence Newsletter (Paris).
Intelligence Online (Paris).
al-Intiqad (Beirut).
al-Manar TV (Beirut).
Mawqi’ al-Muqawama al-Islamiya fi Lubnan (Beirut).
al-Mustaqbal (Beirut).
The New York Times (New York).
al-Safir (Beirut).
al-Sharq al-Awsat (Riyad).

2009年12月1日にhttp://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/introduction.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/1989.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/1991_05.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/1993_05.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/1995_07.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/1998_07.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/2001_07.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/2004_08.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/2009_11.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/lebanon/hizbullah_shura/reference.htmにて公開(2010年1月1日に更新)