本文へスキップ
現代東アラブ地域研究ネットワーク

シリア

■アラブ社会主義バアス党:シリア地域指導部、中央委員会、検閲査察委員会人事

青山 弘之

第9回シリア地域大会(2000年6月17日~20日)選出
第10回シリア地域大会(2005年6月6日~9日)選出
2006年2月の内閣改造に伴う人事改編
2006年2月の組織改編
2009年6月の内閣改造に伴う人事改編
2009年7月の組織改編
2009年11月5日の人事改編
2012年7月の人事改編
2013年7月9日の中央委員会拡大会合で選出
2017年4月22日の中央委員会拡大会合で改編

第9回シリア地域大会(2000年6月17日~20日)選出

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
アブドゥッラー・アフマル(ʻAbd Allah al-Ahmar) 副書記長
スライマーン・カッダーフ(Sulayman Qaddah) 副書記長
アブドゥルハリーム・ハッダーム(ʻAbd al-Halim Khaddam) (外務担当副大統領)
ムハンマド・ズハイル・マシャーリカ(Muhammad Zuhayr Mashariqa) (文化政策担当副大統領)
アブドゥルカーディル・カッドゥーラ(ʻAbd al-Qadir Qaddura) (人民議会議長)
ムハンマド・ムスタファー・ミールー(Muhammad Mustafa Miru) (首相)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (副首相/首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務大臣)
ムスタファー・トゥラース(Mustafa Tulas) (国防大臣)
サッラーム・ヤースィーン(Sallam al-Yasin) (地方行政大臣)
ワリード・ブーズ(Walid al-Buz) 教育局長、前衛局長
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ムハンマド・ギヤース・バラカート(Muhammad Ghiyath Barakat) 高等教育局長
マジード・シュドゥード(Majid Shudud) 青年局長、スポーツ学生局長
ファーイズ・ナースィル(Fayiz al-Nasir) 組織局長
アフマド・ディルガーム(Ahmad Dirgham) 党出版局長、人民諸組織局長
イブラーヒーム・フナイディー(Ibrahim Hunaydi) 農民局長
ムハンマド・ファールーク・アブー・シャーマート(Muhammad Faruq Abu al-Shamat) 法務局長、職業諸組合局長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 民族治安局長
ワリード・ハムドゥーン(Walid Hamdun) 労働者局長、財務局長
(出所)青山弘之「“ジュムルーキーヤ”への道(1):バッシャール・アサド政権の成立」(『現代の中東』第31号、2001年7月)27ページをもとに筆者作成。

第10回シリア地域大会(2005年6月6日~9日)選出

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長
マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash) (人民議会議長)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務大臣)
ハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani) (国防大臣)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar) 民族治安局長
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
(出所)Akhbar al-Sharq, June 12, 2005、SANA, June 9, 2005をもとに筆者作成。

2006年2月の内閣改造に伴う人事改編

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長
マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash) (人民議会議長)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務情報政策担当副大統領*)
ハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani) (国防大臣)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar) 民族治安局長
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
(注)*2006年2月11日、ファールーク・シャルア外務大臣は外務情報政策担当副大統領に就任。ワリード・ムアッリム外務副大臣が外務大臣に就任。
(出所)SANA, February 11, 2006.

2006年2月の組織改編

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長
マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash) (人民議会議長)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務情報政策担当副大統領)
ハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani) (国防大臣)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar) 民族治安局長
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
ムスタファー・ミクダード(Mustafa Miqdad) 報道局長*
(注)*2006年2月、シリア地域指導部は報道局の新設を決定。
(出所)Akhbar al-Sharq, February 11, 2006、Kull-na Shurakaʼ, February 10, 2006をもとに筆者作成。

2009年6月の内閣改造に伴う人事改編

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長
マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash) (人民議会議長)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務情報政策担当副大統領)
ハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani) (副大統領補佐官*)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar) 民族治安局長
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
ムスタファー・ミクダード(Mustafa Miqdad) 報道局長
(注)*2009年6月3日、バッシャール・アサド大統領は、2009年法令第244号を発令し、ハサン・トゥルクマーニー国防大臣を副大統領補佐官に任命、また2009年法令第245号を発令し、アリー・ハビーブ参謀総長を国防大臣に任命。
(出所)SANA, June 3, 2009をもとに筆者作成。

2009年7月の組織改編

シリア地域指導部

氏名 役職
 バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長(国家安全保障会議メンバー*)
マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash) (人民議会議長)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務情報政策担当副大統領、国家安全保障会議メンバー*)
ハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani) (閣僚級副大統領、国家安全保障会議メンバー*)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar) (国家安全保障会議メンバー*)
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
ムスタファー・ミクダード(Mustafa Miqdad) 報道局長
(注)*2009年7月、アサド大統領が法令第36号を発し、民族治安局の廃止と国民安全保障会議(Majlis al-Amn al-Watani)の新設が決定。同会議は、軍事情報局、総合情報部、政治治安部、空軍情報局を統括する任務を負っているとされ、ファールーク・シャルア外務情報政策担当副大統領、ハサン・トゥルクマーニー副大統領補佐官、ムハンマド・サイード・バヒーターン地域指導部副書記長、ヒシャーム・ビフティヤール少将などからなる。議長はアリー・マムルーク(ʻAli Mamluk)総合情報部長が就任するとされたが不明。また大統領府直轄なのかバアス党シリア地域指導部管轄なのかも不明。
(出所)Akhbar al-Sharq, July 10, 2009, July 15, 2009, October 27, 2009、Elaph.com, July 14, 2009、Kull-na Shurakaʼ, July 9, 2009.

2009年11月5日の人事改編

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長(国民安全保障会議メンバー)
マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash) (人民議会議長)
ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務情報政策担当副大統領、国民安全保障会議メンバー)
ハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani) (副大統領補佐官、国民安全保障会議メンバー)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar) (国民安全保障会議メンバー)
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
ムスタファー・ミクダード(Mustafa Miqdad) 報道局長
アリー・ハビーブ (国防大臣*)
(注)*2009年11月5日、中央委員会においてアリー・ハビーブ国防大臣を地域指導部メンバーとすることを決定。
(出所)Syria Steps, November 5, 2009.

2012年7月の人事改編

シリア地域指導部

氏名 役職
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長
ムハンマド・サイード・バヒーターン(Muhammad Saʻid Bakhitan) 副書記長、財務局長(国民安全保障会議メンバー)
ムハンマド・ジハード・ラッハーム(Muhammad Jihad al-Lahham)(a) (人民議会議長)
リヤード・ファリード・ヒジャーブ(Riyad Farid Hijab)(b) (首相)
ファールーク・シャルア(Faruq al-Sharʻ) (外務情報政策担当副大統領、国民安全保障会議メンバー)
ムハンマド・フサイン(Muhammad al-Husayn) 経済局長
ヤースィル・フーリーヤ(Yasir Huriya) 高等教育学生養育局長、前衛局長
バッサーム・ジャーニビーヤ(Bassam Janibiya) 職業組合局長、法務局長
シャフナーズ・ファークーシュ(Shahnaz Fakush) 人民諸組織局長、青年スポーツ局長
サイード・イーリヤー(Saʻid Iliya) 組織局長
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi) 党出版情報局長
アリー・マムルーク(ʻAli Mamluk)(c) 国民安全保障会議議長
ウサーマ・ウダイ(Usama ʻUday) 労働者局長、農民局長
ムスタファー・ミクダード(Mustafa Miqdad) 報道局長
ファフド・ジャースィム・フライジュ(Fahd Jasim al-Furayj)(c) (国防大臣)
(注)(a)マフムード・アブラシュ(Mahmud al-Abrash)前人民議会議長の後任。(b)ムハンマド・ナージー・アトリー(Muhammad Naji al-ʻAtri)元首相、アーディル・サファル(ʻAdil Safar)前首相の公認。(c)2012年7月18日のダマスカス県でのハサン・トゥルクマーニー(Hasan Turkmani)副大統領補佐官、ダーウド・ラージハ(Dawud Rajiha)国防大臣、アースィフ・シャウカト(ʻAsif Shawkat)参謀副長、ヒシャーム・ビフティヤール(Hisham Bikhtiyar)少将の暗殺を受け就任。
(出所)Damas Post, July 26, 2012.

2013年7月9日の中央委員会拡大会合で選出

シリア地域指導部

氏名 役職 略歴
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長 大統領
ヒラール・ヒラール(Hilal Hilal) 副書記長(財務経済局長兼務) 1966年生まれ、アレッポ支部指導部書記長
ワーイル・ナーディル・ハルキー(Waʻil Nadir al-Halqi) 1964年、ダルアー県生まれ、首相
ムハンマド・ジハード・ラッハーム(Muhammad Jihad al-Lahham) 1954年、ダマスカス県生まれ、人民議会議長
アンマール・サーアーティー(ʻAmmar Saʻati) 青年局長 1967年、ダマスカス県生まれ、人民議会議員、バアス党中央委員会メンバー、シリア国民学生連合総裁
イマード・フマイス(ʻImad Khumais) 1961年、ダマスカス郊外県生まれ、電力大臣
ムハンマド・シャアバーン・アッズーズ(Muhammad Shaʻban ʻAzzuz) 労働者局長 1953年、アレッポ県生まれ、労働者総連合総裁
アブドゥンナースィル・シャフィーウ(ʻAbd al-Nasir Shafiʻ) 地域農民局長 1956年、ハマー県生まれ、バアス党ハマー支部指導部前書記長
アブドゥルムウティー・マシュラブ(ʻAbd al-Muʻti al-Mashlab) 組織局長 1953年、ヒムス県生まれ、人民議会議員(書記)、バアス党ヒムス指導部メンバー
ファイルーズ・ムーサー(Fayruz al-Musa) 教育局長 1961年、ヒムス県生まれ、バアス党バアス大学支部書記長
ラーカーン・シューフィー(Rakan al-Shufi) 組合局長 1957年生まれ、スワイダー県生まれ、バアス党スワイダー支部書記長
ユースフ・アフマド(Yusuf al-Ahmad) 地域組織局長 1947年、アレッポ県生まれ、在エジプト・シリア大使
ナジュム・アフマド(Najm al-Ahmad) 1969年、アレッポ県生まれ、法務大臣
ハルフ・ミフターフ(Khalf al-Miftah) 出版文化情報局長 1955年、ラッカ県生まれ、バアス党ラッカ支部指導部メンバー、情報省次官
フサイン・アルヌース(Husayn ʻArnus) 1953年、イドリブ県生まれ、公共事業大臣
マーリク・アリー(Malik ʻAli) 高等教育局長 1956年、タルトゥース県生まれ、クナイトラ県知事
(注)アサド大統領、ラッハーム人民議会議長以外はいずれも新人。
(出所)al-Baʻth, July 11, 2013、SANA, July 8, 2013、Kull-na Shurakaʼ, July 8, 2013, July 10, 2013.

2017年4月22日の中央委員会拡大会合で改編

シリア地域指導部

氏名 役職 略歴
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長 大統領
ヒラール・ヒラール(Hilal Hilal) 副書記長 1966年生まれ、アレッポ支部指導部書記長
ムハンマド・アンマール・サーアーティー(Muhammad ʻAmmar Saʻati) 青年局長 1967年、ダマスカス県生まれ、人民議会議員、バアス党中央委員会メンバー、シリア国民学生連合総裁
イマード・フマイス(’Imad Khumays) 1961年、ダマスカス郊外県生まれ、首相
ムハンマド・シャアバーン・アッズーズ(Muhammad Shaʻban ʻAzzuz) 労働者局長 1953年、アレッポ県生まれ、労働者総連合総裁
ユースフ・アフマド(Yusuf al-Ahmad) 地域組織局長 1947年、アレッポ県生まれ、在エジプト・シリア大使
フサイン・アルヌース(Husayn ʻArnus) 1953年、イドリブ県生まれ、公共事業住宅大臣
ハディーヤ・アッバース(Hadiya ‘Abbas)* 人民議会議長
ファフド・ジャースィム・フライジュ(Fahd Jasim Furayj)* 副首相兼国防大臣
ムフスィン・ビラール(Muhsin Bilal)* 高等教育局長
マフディー・ダフルッラー(Mahdi Dakhl Allah)* 出版文化広報局長
フダー・ヒムスィー(Huda al-Himsi)* 人民諸組織・職業諸組合局長
ヤースィル・サルマーン・シューフィー(Yasir Salman al-Shufi)* 教育前衛局長
アンマール・スィバーイー(’Ammar al-Siba’i)* 経済局長
ハムーダ・サッバーグ(Hamuda Sabbagh)* 農民局長 人民議会議員。ハサカ県カーミシュリー郡アームーダ区出身、キリスト教徒
(注)*は新任。メンバーの任所は2017年4月25日の初会合で決定。

中央指導部

氏名 職務等
バッシャール・アサド(Bashshar al-Asad) 書記長、地域指導部
ヒラール・ヒラール(Hilal Hilal) 地域指導部
ムハンマド・アンマール・サーアーティー(Muhammad ʻAmmar Saʻati) 地域指導部
イマード・フマイス(’Imad Khumays) 地域指導部
ムハンマド・シャアバーン・アッズーズ(Muhammad Shaʻban ʻAzzuz) 地域指導部
ユースフ・アフマド(Yusuf al-Ahmad) 地域指導部
フサイン・アルヌース(Husayn ʻArnus) 地域指導部
ハディーヤ・アッバース(Hadiya ‘Abbas) 地域指導部
ファフド・ジャースィム・フライジュ(Fahd Jasim Furayj) 地域指導部、軍人(一等中将)
ムフスィン・ビラール(Muhsin Bilal) 地域指導部
マフディー・ダフルッラー(Mahdi Dakhl Allah) 地域指導部
フダー・ヒムスィー(Huda al-Himsi) 地域指導部
ヤースィル・サルマーン・シューフィー(Yasir Salman al-Shufi) 地域指導部
アンマール・スィバーイー(’Ammar al-Siba’i) 地域指導部
ハムーダ・サッバーグ(Hamuda Sabbagh) 地域指導部、ハサカ県カーミシュリー郡アームーダ区出身、キリスト教徒
ワリード・ムアッリム(Walid al-Mu’allim)
アリー・マムルーク(’Ali Mamluk) 軍人(少将)
ムハンマド・フサーン・サンマーン(Muhammad Husam al-Samman)
バシュル・サッバーン(Bashr al-Sabban)
ラーマー・アズィーズ(Rama ‘Aziz)
アーティフ・ナッダーフ(’Atif Naddaf)
アフマド・ハマーム・ハイダル(Ahmad Haman Haydar)
ジャマール・カーディリー(Jamar al-Qadiri)
ハーリド・ハルブーニー(Khalid Halbuni)
ワリード・アバーザ(Walid Abaza)
ハーリド・ハズアル(Khalid Khaz’al)
アイマン・ハルーク(Ayman Haruq)
ファーディル・ナッジャール(Fadil Najjar)
アフマド・サーリフ・イブラーヒーム(Ahmad Salih Ibrahim)
ムハンマド・ハズーリー(Muhammad Khazuri)
ムハンマド・ナーイフ・サルティー(Muhammad Nayif al-Salti)
アミーラ・スティーファーヌー(Amira Sutifanu)
アフマド・ハンムー(Ahmad al-Hammu)
ザーヒル・ユースフィー(Zahir al-Yusufi)
シーリーン・ユースフ(Shirin al-Yusuf)
ズィヤード・スルターン(Ziyad Sultan)
ムハンマド・ハーリド・ハンヌース(Muhammad Khalid al-Hannus)
タラール・バラーズィー(Talal Barazi)
サラーム・サンカル(Salam Sanqar)
ムハンマド・アリー・マフルーフ(Muhammad ‘Ali Makhluf)
サーヒル・サクル(Sahir al-Sakr)
ラーイド・ガドバーン(Ra’id al-Ghadban)
マアン・アッブード(Ma’n ‘Abbud)
ニザール・ヤーズジー(Nizar Yazji)
ハーラ・アタースィー(Hala al-Atasi)
ブサイナ・シャアバーン(Buthayna Sha’ban)
ムハンナド・アイユーブ(Muhannad Ayyub)
ムハンマド・イーサー(Muhammad ‘Isa)
ファイサル・ミクダード(Faysal Miqdad)
アイハム・ハウラーニー(Ayham Hawrani)
シャヒーラ・ファッルーフ(Shahira Falluh)
ルーナ・シブル(Luna al-Shibl)
ハサン・アトラシュ(Hasan al-Atrash)
イサーム・サーリフ・ナイーム(’Isam Salih Na’im)
アリー・ガーニム(’Ali Ghanim)
アリー・ハンムード(’Ali Hammud)
イサーム・ダーリー(’Isam al-Dali)
ハイルッディーン・サイイド(Khayr al-Din al-Sayyid)
ナダー・マジュド・アリー(Nada Majd ‘Ali)
フサイン・マフルーフ(Husayn Makhluf)
アラー・イブラーヒーム(’Ala’ Ibrahim)
ムハンマド・シュライティフ(Muhammad Shuraytih)
ルワイユ・スフーフ(Luwa’iy Suyuh)
ファイハー・タリーフィー(Fayha’ Tarifi)
バースィム・スーダーン(Basim Sudan)
ニクーラー・マルティーシュー(Niqula Martishu)
アフマド・カーディリー(Ahmad al-Qadiri) 農業・農業改革大臣、ハサカ県カーミシュリー郡アームーダ区出身、クルド人
ジャーズィヤ・シャイフ・アリー(Jaziya al-Shaykh ‘Ali)
スライマーン・ナースィル(Sulayman al-Nasir)
リヤード・ターウース(Riyad Tawus) ハサカ県カーミシュリー郡アームーダ区出身、クルド人
アリー・ウジャイル(’Ali al-‘Ujayl)
ヒンド・タリーフ(Hind al-Tarif)
ハーズィム・アブドゥルガニー(Hazim ‘Abd al-Ghani)
ハイサム・サターイヒー(Haytham Satayihi)
サラーム・サッファーフ(Salam Saffaf)
ファーディル・ワルダ(Fadil Warda)
アリー・アイユーブ(’Ali Ayyub) 軍人(中将)
ウサーマ・フドゥール(Usama Khudur) 軍人(少将)
アフマド・バッルール(Ahmad Ballul) 軍人(少将)
マーヒル・アサド(Mahir al-Asad) 軍人(准将)

検閲査察委員会

氏名 役職
ガッサーン・ハルフ(Ghassan Khalf) 委員長
ウマイマ・サイード(Umayma Sa’id)
ズィヤード・サッバーグ(Ziyad Sabbagh)
ジョルジュ・ライイス(Jurj al-Rayyis)
ムハンマド・アシュラフ・バーシューリー(Muhammad Ashuraf Bashuri)
(出所)SANA, April 22, 2017、Kull-na Shuraka', April 25, 2017.
2009年12月7日にhttp://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2000_06.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2005_06.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2006_02_1.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2006_02_2.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2009_06.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2009_07.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2009_11.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2012_07.htm、http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aljabal/biladalsham/syria/bath_rc/2013_07.htmにて公開(2013年7月9日に更新)。