トルコのブズダー副首相「クルド人民兵がマンビジュから撤退しない場合、トルコ軍は米軍に対しても爆撃する」(2018年2月4日)

トルコのバクル・ブズダー副首相兼内閣報道官はCNN Turk(2月4日付)に対し、アレッポ県のユーフラテス川右岸(西岸)に位置する西クルディスタン移行期民政局の拠点都市マンビジュ市の処遇に関して、「民兵(西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍)がマンビジュ市から退去しない場合、トルコ軍部隊が同地に進攻し、ユーフラテス川東部への道を切り開くことになる。この場合、米軍兵士、そしてクルド人民兵が我々の航空作戦の標的となる」と述べた。

AFP, February 4, 2018、ANHA, February 4, 2018、AP, February 4, 2018、CNN Turk, February 4, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018、al-Hayat, February 5, 2018、Reuters, February 4, 2018、SANA, February 4, 2018、UPI, February 4, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク