トルコ軍がラッカ県タッル・アブヤド市に面する国境地帯に設置していたコンクリート製の防護壁を撤去、北・東シリア自治局支配地区への攻撃準備か?(2019年7月15日)

反体制系サイトのドゥラル・シャーミーヤ(7月15日付)は、トルコ軍がラッカ県タッル・アブヤド市に面する国境地帯に設置していたコンクリート製の防護壁を撤去し、北・東シリア自治局支配地区への攻撃準備を進めていると伝えた。 同 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

在ロシア・シリア大使「ロシアによるトルコへのS-400供与は懸念ではない」(2019年7月15日)

リヤード・ハッダード在ロシア・シリア大使は、ロシアがトルコがS-400ミサイル防空システムの供与を開始したことに懸念を抱いていないと述べた。 ハッダード大使は、RT(7月15日付)に対して「トルコは現在、アスタナ・プロセ ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が前日に引き続き北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊の村々を砲撃(2019年7月15日)

アレッポ県では、ANHA(7月15日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が前日に引き続いて、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のタッル・マディーク村、バイルーニーヤ村 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県、ハマー県に対するシリア・ロシア軍の爆撃は続く(2019年7月15日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから75日目となる7月15日、シリア ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから398人、ヨルダンから1,936人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年7月15日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月15日付)を公開し、7月14日に難民1,936人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは398人(うち女性103人、子供1 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊各所を砲撃(2019年7月14日)

アレッポ県では、ANHA(7月14日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のタッル・マディーク村、バイルーニーヤ村、シャイフ・イー ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領は2019年政令第12号を施行し、兵役法を改正し、ハイテク部門の研究者やシリア・アラブ航空のパイロットの兵役猶予期間延長(2019年7月14日)

アサド大統領は2019年政令第12号を施行し、兵役法の第10、95、113条を改正した。 今回の法改正は、高等教育省が所轄するハイテク部門の研究者、シリア・アラブ航空に勤務するパイロットなどの兵役猶予期間の延長することが ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ヒムス県中部のシャーイル油田とエブラ精製工場を繋ぐ石油パイプラインを何者かが破壊し、一時利用不能に攻撃(2019年7月14日)

SANA(7月14日付)は、石油鉱物資源省筋の話として、ヒムス県中部のシャーイル油田とエブラ精製工場を繋ぐ石油パイプラインが何者かの攻撃を受け破壊された。 破壊されたパイプラインはただちに修復された。 このパイプラインは ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

反体制派がシリア政府支配下のアレッポ市を砲撃し、民間人6人が死亡(2019年7月14日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから74日目となる7月14日、シリア ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

自由パレスチナ運動はヤルムーク・キャンプで「指導者ハーフィズ・アサドへの忠誠コース」と銘打った「アクサーの盾」の少年兵の教練コースを修了(2019年7月13日)

ダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプで活動する「自由パレスチナ運動」は、フェイスブックのアカウント(https://www.facebook.com/fpmovment/)で同運動の民兵組織である「アクサーの盾 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県でロシア軍パトロール部隊が街道に敷設されていた地雷に触れて大きな爆発が発生(2019年7月13日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月13日付)によると、ロシア軍パトロール部隊が、ブスラー・シャーム市とサフワ村を結ぶ街道に敷設されていた地雷に触れて大きな爆発が発生した。 ロシア軍パトロール部隊が被害に合うのは ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が前日に続いて北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年7月13日)

アレッポ県では、ANHA(7月13日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が前日に続いて、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のスーガーニーカ村(アフリーン郡シーラーワー ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ロシア軍の爆撃によりイドリブ県とハマー県で民間人16人が死亡(2019年7月13日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから73日目となる7月13日、シリア ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍と反体制派が北・東シリア自治局とシリア政府が共同統治するタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年7月12日)

アレッポ県では、ANHA(7月12日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府が共同統治するタッル・リフアト市に近いスーガーニカ村(アフリーン郡シーラーワー村近郊)を砲撃した ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴレンティフ大統領特使とヴェルシーニン外務副大臣がシリアを訪問し、アサド大統領と会談(2019年7月12日)

ロシアのアレクサンデル・ラヴレンティフ・シリア問題担当大統領特使とセルゲイ・ヴェルシーニン外務副大臣がシリアを訪問し、首都ダマスカスでアサド大統領と会談した。 会談では、シリア危機解決に向けた政治プロセス、とりわけ制憲委 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県で活動する「テロリスト」がドローンでシリア駐留ロシア軍司令部のあるフマイミーム航空基地への攻撃を試みる(2019年7月12日)

ロシア当事者和解調整センターのアレクセイ・バキン(Alexey Bakin)司令官(中将)は報道向け声明を出し、イドリブ県内の緊張緩和地帯で活動を続ける「テロリスト」が、無人航空機(ドローン)3機でラタキア県のフマイミー ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

新興のアル=カーイダ系組織からなる「信者を煽れ」作戦司令室がアレッポ県、ラタキア県でシリア軍の拠点を攻撃(2019年7月12日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから72日目となる7月12日、シリア ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから329人、ヨルダンから1,153人の難民が帰国、避難民7人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年7月12日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(7月12日付)を公開し、7月11日に難民1,482人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは329人(うち女性99人、子供16 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする

内務省総合情報局はロシアの提案に応じ、政府関連施設などの警備を統括する第801課を新設、イランの影響力排除を画策(2019年7月11日)

『シャルク・アウサト』(7月11日付)は、複数の反体制筋の話として、シリア政府が最近、ロシアの提案を受けて、内務省総合情報局内に新たな部局を開設したと伝えた。 この部局は「第801課」と名づけられ、政府関連施設、大使館、 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県のフール難民キャンプに収容されていた201人がダイル・ザウル県に帰村(2019年7月11日)

ハサカ県では、北・東シリア自治局傘下のダイル・ザウル民政評議会の代表や部族代表が同席するなか、フール難民キャンプの事務局は、キャンプに収容されていた女性と子供201人が、ダイル・ザウル県の部族長らを身元保証人とするかたち ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 難民・IDP | コメントする