シリア・ポンドの公定為替レートの売り相場、前日の1ドル=1,256ポンドから2,512ポンドに引き下げ(2021年4月15日)

シリア中央銀行は、シリア・ポンドの公定為替レートの売り相場を前日の1米ドル=1,256ポンドから1ドル=2,512ポンドに引き下げた。 買い相場も2,500ポンドに引き下げられた。 なお、闇レートは、売り相場が1ドル=3 ... Read More

シリア政府の支配下にあるダイル・ザウル県マヤーディーン市近郊の砂漠地帯でダーイシュが国防隊を襲撃、1人殺害(2021年4月15日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア政府の支配下にあるマヤーディーン市近郊の砂漠地帯(ファイダト・ブン・ムワイニア地区)で、ダーイシュ(イスラーム国)が国防隊を襲撃、1人を殺害した。 AFP, Apri ... Read More

トルコの占領下にあるアレッポ県バーブ市で警官2人が相次いで殺害される(2021年4月15日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコの占領下にあるバーブ市で、「警察総合治安部隊」の隊員1人が何者かの発砲を受けて死亡した。 また同市では、その後、アフリーン警察(自由警察)の警察官が何者かによって殺害された ... Read More

北・東シリア自治局は今年のシリア独立記念日を官庁休日に指定(2021年4月15日)

北・東シリア自治局執行評議会共同議長府(ビーリーファーン・ハーリド、アブドゥルマフバーシュ合同議長)は布告第18号を発出し、シリアの独立記念日にあたる4月17日の医療関連機関を除く官庁を休日とすることを決定した。 AN ... Read More

外務在外居住者省はシリア軍による化学兵器使用をボレルEU外務・安全保障対策上級代表の非難声明を「間違いと論理とはほど遠い姿勢に満ちている」と反論(2021年4月15日)

外務在外居住者省は、化学兵器禁止機関(OPCW)が4月12日に発表したシリアでの化学兵器使用疑惑事件にかかる調査識別チーム(IIT)の第2回報告書(技術事務局覚書S/1943/2021)に関して出したジョセップ・ボレルE ... Read More

ロシアのザハロワ報道官はOPCWのIIT第2報告書発表を「偏向し、政治化した偽りの結論が導き出された」と非難(2021年4月15日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は記者会見を行い、化学兵器禁止機関(OPCW)が4月12日に発表したシリアでの化学兵器使用疑惑事件にかかる調査識別チーム(IIT)の第2回報告書(技術事務局覚書S/1943/2021) ... Read More

シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ県タッル・ハミース市でシリア民主軍の住民に対する抑圧行為に抗議するデモ(2021年4月15日)

ハサカ県では、SANA(4月15日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・ハミース市で人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の住民に対する抑圧行為に抗議するデモが発生した。 デモは、シリア民 ... Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で158人、北・東シリア自治局支配地域で199人(2021年4月15日)

保健省は新たに158人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者134人が完治し、12人が死亡したと発表した。 これにより、4月15日現在のシリア国内での感染者数は計20,713人、うち死亡したのは1,414人、 ... Read More

米主導の有志連合所属と思われるドローンがシャーム解放機構の支配下にあるイドリブ市西を爆撃(2021年4月15日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構が軍事・治安権限を握るイドリブ市西を、米主導の有志連合所属と思われる無人航空機(ドローン)が爆撃した。 爆撃は、同地で活動する武装集団の車輌を狙ったもので、物的被 ... Read More

プライス米国務省報道官はOPCWのIIT第2報告書発表を受け「アサド体制が新たな化学兵器を開発するのに十分な化学物質を保有していると見ている」と断じる(2021年4月14日)

米国務省のネッド・プライス報道官は、化学兵器禁止機関(OPCW)が4月12日に発表したシリアでの化学兵器使用疑惑事件にかかる調査識別チーム(IIT)の第2回報告書(技術事務局覚書S/1943/2021)に関して、その内容 ... Read More

トルコ外務省はOPCWのIIT第2報告書発表を受け、アサド政権の処罰に向けた取り組みへの支援を継続すると表明(2021年4月14日)

トルコ外務省は声明を出し、化学兵器禁止機関(OPCW)が4月12日に発表したシリアでの化学兵器使用疑惑事件にかかる調査識別チーム(IIT)の第2回報告書(技術事務局覚書S/1943/2021)に関して、アサド政権の関与が ... Read More

ドゥルーズ派の有力指導者がアサド大統領の再選に反対の意思を表明(2021年4月14日)

サウジアラビアのアラビーヤ系の衛星テレビ局ハドス(4月14日付)は、複数の消息筋の話として、ドゥルーズ派の有力指導者の1人ヒクマト・ヒジュリー氏が、ロシアによって呼びかけられた極秘の会合に出席し、アサド大統領の留任がシリ ... Read More

ロシア軍はラッカ県マアダーン・アティーク村にヘリポート基地、拠点を新たに設置(2021年4月14日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるマアダーン・アティーク村とその一帯に新たな基地や拠点の設置を開始した。 基地や拠点が設置されているのは、シリア政府の影響力が強い地域 ... Read More

シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアレッポ県タッル・リフアト市に「イランの民兵」とロシア軍が展開、トルコはビラを散布し住民を威嚇(2021年4月14日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・リフアト市とカシュタアール村にロシア軍部隊が再展開した。 ロシア軍は前日に、同地の拠点複数カ所から撤退し、これに合わせて「 ... Read More

ダーイシュ・メンバーを収容するシャッダーディー市近郊のカビーバ油田の刑務所が襲撃を受け、シリア民主軍兵士2人負傷(2021年4月14日)

ハサカ県では、SANA(4月14日付)によると、米軍が違法に駐留を続けるシャッダーディー市近郊のカビーバ油田にある、ダーイシュ(イスラーム国)メンバーを収容している刑務所が武装集団の襲撃を受け、刑務所の警備にあたっていた ... Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で120人、北・東シリア自治局支配地域で248人(2021年4月14日)

保健省は新たに120人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者105人が完治し、10人が死亡したと発表した。 これにより、4月14日現在のシリア国内での感染者数は計20,555人、うち死亡したのは1,402人、 ... Read More

「決戦」作戦司令室がクルド山一帯でシリア軍部隊を攻撃し、兵士2人殺害(2021年4月14日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が「決戦」作戦司令室の支配下にあるザーウィヤ山地方のバイニーン村、フライフィル村、バーラ村一帯、カンスフラ村、スフーフン村を砲撃した。 「決戦」作戦司令室は、シリアのアル ... Read More