ハント英外務大臣「アサド大統領は短期的、ないしはそれより長く留まることになるだろう」(2019年2月16日)

英国のジェレミー・ハント外務大臣は『シャルク・アウサト』(2月16日付)のインタビューに応じ、そのなかで「アサド大統領は短期的、ないしはそれより長く留まることになるだろう」と述べた。 ハント外務大臣は「ロシアはシリア人に ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハーン・シャイフーン市(イドリブ県)に対する砲撃でエジプト製の砲弾を使用(2019年2月16日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月16日付)は、17日のシリア軍によるイドリブ県ハーン・シャイフーン市への砲撃で使用された砲弾の残骸に「エジプト製」の文字が書かれていたと伝え、その写真を公開した。 写真は活動家らがSNSを通じ ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はダーイシュ最後の支配地バーグーズ村制圧を否定(2019年2月16日)

ダイル・ザウル県南東部で「テロ撲滅の戦い」を継続する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の匿名高官はRT(2月16日付)の取材に対して、同県南東部のダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地である(上)バーグーズ村を制圧し ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「ロシア、トルコといつでもシリアで合同軍事作戦を行う可能性はある」(2019年2月16日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、14日のソチでのロシア・イラン両首脳との会談を終えて、トルコに帰国する専用機の機内で記者団に対して「事態の進捗次第で、ロシア、トルコといつでも合同軍事作戦を行う可能性は ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣「ロシア・トルコ両軍はイドリブ県内で合同パトロールを行う」、グラハム米上院議員「欧州諸国が安全地帯設置のためにシリアに派兵するのなら、米軍も残留する」(2019年2月16日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ドイツのミュンヘンで開催されたミュンヘン安全保障会議(MSC)で、14日のソチでのロシア・トルコ・イラン首脳会談で、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアとシリアは米国の支援を受ける反体制武装集団がルクバーン・キャンプで「軟禁状態」に置いている難民を受け入れるための人道回廊を19日付で設置すると発表(2019年2月16日)

ロシア外務省は声明を出し、シリア政府との協力のもと、19日(火曜日)付で米主導の有志連合が占領するヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに対する人道回廊を開設 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハマー県、イドリブ県の反体制派支配地域を砲撃(2019年2月16日)

ハマー県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍がラターミナ町、カフルズィーター市の反体制武装集団拠点を砲撃した。 シリア軍はまた、ラトミーン村、アルバイーン村、ザカート村方面からシリア政府支配地域に潜入しようと ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから297人、ヨルダンから1,012人の難民が帰国、避難民40人が帰宅(2019年2月16日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月16日付)を公開し、2月15日に難民1,309人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは297人(うち女性89人、子供152 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ドイツ誌『シュピーゲル』:2013年以降の化学兵器による攻撃回数は336回に及び、その98%がシリア軍によるもの(2019年2月15日)

ドイツ週刊誌『シュピーゲル』(2月15日付)は、シリア国内で2013年以降、化学兵器、塩素ガスといった有毒ガスを使用した攻撃は336回に及び、その98%がシリア軍によるものだと伝えた(http://www.spiegel ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表は制憲委員会設置に期限を設けず(2019年2月15日)

ゲイル・ペデルセン・シリア問題担当国連特別代表は、スイスのジュネーブで記者会見を開き、制憲委員会に関して「政治プロセスに向けた潜在的なドア・オープナー」と位置づけたうえで、「近いうちにジュネーブで制憲委員会の会合を開催で ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県アフリーン郡で地元クルド人を避難民として登録する身分証明書が配布(2019年2月15日)

ANHA(2月15日付)は、トルコの占領下にあるアレッポ県アフリーン郡のラージュー区、シャッラーン区で、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、新たな身分証明書(IDカード)を新たに発行していると伝えた。 新たな身分 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省報道官「米国と反体制派はヨルダン北東部のルクバーン・キャンプでシリア難民を「軟禁」している」(2019年2月15日)

ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は声明を出し、ヒムス県南東部タンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)を占領する米国および米国の支援を受ける反体制武装集団に対して、同地域に隣接するヨルダン北東部のルクバーン・キ ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア赤新月社が、米国の支援を受ける北・東シリア自治局支配下のダイル・ザウル県南東部ユーフラテス川東岸のハジーン市一帯に人道支援物資を搬入(2019年2月15日)

ダイル・ザウル県では、SANA(2月15日付)によると、シリア赤新月社の支援チームが、シリア政府および、ロシア当事者和解調整センターと連携して、ダイル・ザウル市東部のサーリヒーヤ村の回廊を経由して、北・東シリア自治局の支 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シャーム解放機構がイドリブ県内のロシア軍駐屯地を砲撃、シリア軍はイドリブ県、ハマー県の反体制派支配地域を砲撃(2019年2月15日)

イドリブ県では、ANHA(2月15日付)によると、シャーム解放機構が、アブー・ダーリー村にあるロシア軍の駐屯地を砲撃した。 一方、ドゥラル・シャーミーヤ(2月15日付)によると、シリア軍はハーン・シャイフーン市を砲撃し、 ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから346人、ヨルダンから664人の難民が帰国、避難民32人が帰宅(2019年2月15日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(2月15日付)を公開し、2月14日に難民1,010人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは346人(うち女性103人、子供17 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア大統領府報道官:ロシア・トルコ・イラン三カ国首脳会談でイドリブ県への軍事作戦を行うことについては話し合われなかった」(2019年2月14日)

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシア・トルコ・イラン三カ国首脳会談後に、イドリブ県での軍事作戦実施の可能性について、「シリアのイドリブ県の事態を改善するための追加措置の一環として軍事作戦を行うことについて ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア・トルコ・イラン首脳会談でシリア情勢への対応協議:米軍撤退後の情勢、イドリブ県の処遇をめぐって連携を続けることを確認(2019年2月14日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、イランのハサン・ロウハーニー大統領は、ロシアのソチで首脳会談を行い、シリア情勢への対応を協議した。 会談には、各国の外務大臣、国防大 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア外務省報道官「トルコがシリア領内に安全地帯を設置するには、アサド大統領からの青信号が必要」(2019年2月14日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ソチでのロシア・トルコ・イラン三カ国首脳会談に先だって「アンカラがシリア領内に安全地帯を設置するには、シリアのバッシャール・アサド大統領からの青信号が必要となる」と述べた。 ザハロ ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「ロシアと連携してシリア北部に安全地帯を設置したい」(2019年2月14日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ソチでのロシア・トルコ・イラン三カ国首脳会談に先立って記者団に対して「我々は(シリア北部に)安全地帯を設置する構想を支援する。それが我が国の国家安全保障上の懸念を払拭す ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はシリア国内最後のダーイシュの拠点上バーグーズ村を完全制圧、投降した外国人戦闘員約200人連行される(2019年2月14日)

ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(2月14日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、上バーグーズ村内のダーイシュ(イスラーム国)の支配地域を完全制圧した。 ダーイシュは、上バーグーズ村内に1平方 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする