シャーム解放機構ハマー地区司令官:シャーム自由人イスラーム運動はガーブ平原に戻り戦うだけで、指揮権はない(2019年1月19日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構と、トルコの庇護を受ける国民解放戦線を主導するアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動は、ハマー県ガーブ平原のシリア政府支配地域に面する前線拠点の処遇をめぐって新たな合意 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ソイル内務大臣:トルコのシリア難民は360万人、うち8万人弱が国籍を取得、5万人強(成人)が被選挙権を有する(2019年1月19日)

トルコのスレイマン・ソイル内務大臣は、メルスィン県での地方選挙にかかる安全対策会合で、「シリア難民5万3000人がトルコ国籍を取得し、3月に予定されている地方選挙で投票できる」と述べた。 ソイル内務大臣は「トルコ国籍を取 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県でYPGメンバーが相次いで離反(2019年1月19日)

ハサカ県では、ハサカ青年連合によると、シリア民主軍の主導する人民防衛隊(YPG)のメンバー5人がタッル・ブラーク町で離反、同地近郊のタッル・ハーズーク村でYPGのパトロール部隊が彼らを追跡中に住民と口論となり、発砲した。 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ラフマーン軍団はダマスカス郊外県東グータ地方からアフリーン郡に退去して以降、初めて戦闘員が死亡したと発表(2019年1月19日)

アレッポ県では、ANHA(1月19日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市のジーン・サロン近くで爆発が発生、死傷者が出た。 また、シャッラー村近郊のマリーミーン村にある自由警察とラフマーン師団の本部で爆発が発生し ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍に所属するバーブ軍事評議会はロシア軍憲兵隊とトルコ占領地域に近いアレッポ県北部でパトロール活動を行う写真、画像を公開(2019年1月19日)

ANHA(1月19日付)は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するバーブ軍事評議会が、ロシア軍憲兵隊とともに、トルコの占領地域に近いアレッポ県バーブ市北東のアリーマ町一帯でパトロール活動を強化していると伝え、写 ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

グラハム米上院議員「無計画なシリアからの米軍撤退は「ステロイド剤を投与したイラク」をもたらす…YPGをトルコから遠ざける計画を策定している」(2019年1月19日)

リンセイ・グラハム米上院議員(サウス・カロライナ州選出、共和党)は、トルコンのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領との会談のために訪問しているアンカラで記者団に対して、シリアからの拙速な軍撤退が「混乱」と「ステロイド ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハマー県、イドリブ県でシャーム解放機構などと交戦(2019年1月19日)

ハマー県では、SANA(1月19日付)によると、シリア軍が、マアルカバ村、カフルズィーター市、ジャナービラ村方面からムハルダ市北に潜入しようとした反体制武装集団を迎撃した。 シリア軍はまた、ムーリク市一帯の農地に潜入しよ ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから467人、ヨルダンから1115人の難民が帰国、避難民158人が帰宅(2019年1月19日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月19日付)を公開し、1月18日に難民1,582人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは467人(うち女性140人、子供23 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

レバノンのバースィール外務大臣「シリアをテロリズムの手のなかに投げ込むのではなく、抱擁しなければならない」(2019年1月18日)

アラブ連盟経済サミットがレバノンの首都ベイルートで開幕し、議長国を務めるレバノンのジュブラーン・バースィール外務大臣が基調演説を行った。 バースィール外務大臣はそのなかで「我々は、シリアをテロリズムの手のなかに投げ込むの ... Read More

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き | コメントする

フォード前駐シリア米大使「YPGとの関係は一時的で戦術的…シリアからの米軍撤退は裏切りではない」(2019年1月18日)

ロバート・フォード前駐シリア米大使は、米ワシントンDCにあるウッドロー・ウィルソン・センター(WWC)が開催した会議にテレビ会議システムで傘下し、ダーイシュ(イスラーム国)に対する有志連合の「テロとの戦い」の協力部隊であ ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ市でシャーム解放機構の拠点を狙った自爆攻撃(2019年1月18日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月18日付)によると、イドリブ市南部にあるシャーム解放機構の拠点が、爆弾を積んだ車の自爆攻撃を受け、多数のメンバーが死傷した。 シャーム解放機構の治安責任者だというアブー・ムアー ... Read More

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

トルコ外務省報道官「マンビジュ市にアサド政権を招き入れようとするYPGの取り組みは決して許されない」(2019年1月18日)

トルコのハミ・アクソイ外務省報道官は首都アンカラでの記者会見で、イドリブ県を中心に拡がる反体制派支配地域の軍事・治安権限をシャーム解放機構が掌握したことに関して「イドリブ県をめぐるロシアとの相互理解を揺るがそうとする挑発 ... Read More

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする