アラブ人が暮らす北・東シリア自治局支配下のダイル・ザウル県を4分割することで合意:新たな自治体制に向けた準備か?(2021年1月21日)

反体制系サイトのアイン・フラート(1月21日付)は、北・東シリア自治局の支配下にあり、アラブ人(部族)が暮らすダイル・ザウル県を4つの地区に分割することが合意されたと伝えた。 同サイトによると、合意は、ダイル・ザウル民政 ... Read More

アントノフ駐米ロシア大使は「シリアの主権尊重を前提に米国と協力する用意がある」と述べる(2021年1月21日)

アナトリー・アントノフ駐米ロシア大使は、ジョー・バイデン大統領の正式就任を受けて、シリアでの米国との協力は可能だと述べた。 スプートニク・ニュース(1月21日付)が伝えたところによると、アントノフ大使は、「ロシアと米国は ... Read More

クラフト米国連大使は退任に先立って、アサド政権を厳しく非難、難民とIDPsを大統領選挙に参加させるための憲法改正を強く求める(2021年1月21日)

ジョー・バイデン米大統領就任に合わせて退任するケリー・クラフト米国連大使は、ツイッターの公式アカウント(https://twitter.com/usambun)で、アサド政権を改めて非難、難民と国内避難民(IDPs)を大 ... Read More

ダルアー県イーブ村に駐留していたレバノンのヒズブッラーが撤退、代わってロシアの支援を受けるシリア軍第5軍団が展開し、避難生活を送ってきた住民40世帯が帰村(2021年1月21日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、同県内の国内避難民(IDPs)キャンプで数年間にわたって避難生活を送ってきたイーブ村の住民40世帯が帰村した。 なお、イーブ村の住民約60世帯が依然として帰宅許可を得られず、避難 ... Read More

ヒムス県とラッカ県でダーイシュを掃討中のシリア軍兵士5人が死亡(2021年1月21日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍部隊が、タドムル市にいたる街道で地雷に触れ、爆発により兵士3人が死亡、複数人が負傷した。 ** ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府の支配下にあるラサーファ砂 ... Read More

トルコ軍とその支援を受ける国民軍が、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるラッカ県アイン・イーサー市近郊を砲撃(2021年1月21日)

ラッカ県では、ANHA(1月21日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアイン・イーサー市近郊のムシャイリファ村、M4高速道路沿線を砲撃した。 AFP, Jan ... Read More

ハサカ県とラッカ県でシリア民主軍、アサーイシュが狙われ、3人死亡(2021年1月21日)

ハサカ県では、SANA(1月21日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市南のハラーフィー街道で、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の通過に合わせて道路に仕掛けられていた爆弾が爆発し、兵 ... Read More

シリア政府支配地域での新型コロナウイルスの新規感染者は85人(2021年1月21日)

保健省は新たに85人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者69人が完治し、8人が死亡したと発表した。 これにより、1月21日現在のシリア国内での感染者数は計13,398人、うち死亡したのは866人、回復したの ... Read More

ロシア軍戦闘機複数期が「決戦」作戦司令室の支配下にあるラタキア県北部のクルド山地方のカッバーナ村一帯を5回にわたって爆撃(2021年1月21日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機複数期が、「決戦」作戦司令室の支配下にある県北部のクルド山地方のカッバーナ村一帯を5回にわたって爆撃した。 「決戦」作戦司令室は、シリアのアル=カーイダであるシャー ... Read More

ロシア難民受入移送居住センター:難民54人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は647,090人に(2021年1月21日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(1月21日付)を公開し、1月20日に難民54人(うち女性17人、子供27人)が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは難民54人 ... Read More

ハンター米国連代表部政治担当顧問はバイデン米大統領就任に合わせて「シリア政府が政治解決に完全に応じるまで、復興支援を行うことはない」と表明(2021年1月20日)

ロードニー・ハンター米国連代表部政治担当顧問は、ジョー・バイデン新大統領が正式に就任した1月20日に国連安保理で行われたシリア情勢への対応をめぐる会合で、「シリアの紛争は終わっていない。シリア政府が政治解決に完全に応じる ... Read More

バイデン米大統領就任に合わせて、外務在外居住者省は国連宛書簡でシリア北東部での米軍の侵略行為を非難、部隊撤退を求める(2021年1月20日)

外務在外居住者省は、ジョー・バイデン大統領の正式就任(1月20日)に合わせて、国連事務総長と安保理議長宛に書簡を送り、米軍が、ユーフラテス川以東のいわゆるジャズィーラ地方でほぼ毎日侵略行為を繰り返し、シリアの主権、領土の ... Read More

米主導の有志連合の車輌約40輌が兵站物資などを積んでイラクからシリア領内に新たに進入(2021年1月20日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合の車輌約40輌からなる車列が兵站物資などを積んで、イラクとの国境に違法に設置されているワリード国境通行所からシリア領内に新たに進入し、ハサカ県の各所に設置されている ... Read More

アラビーヤ:政治評論家のアブドゥンヌール氏はアサド大統領からアスマー夫人への大統領の交代が受け入れられない場合の「プランC」が浮上していると主張(2021年1月20日)

All4syriaを運営するジャーナリストで政治評論家のアイマン・アブドゥンヌール氏は、アラビーヤ・チャンネル(1月20日付)の電話取材に応じ、そのなかで、同氏がプラン2、ないしはプランBと呼ぶアサド大統領からアスマー・ ... Read More

アスマー・アフラス大統領夫人が2021年科学オリンピックのシリア代表チームらと面談、インターネット教育を強く推奨(2021年1月20日)

アスマー・アフラス大統領夫人は、首都ダマスカスにある優秀創造機構を訪問し、2021年科学オリンピックに出場するシリア代表チームの参加学生、過去の代表メンバー、指導にあたる同機構教育委員会および運営委員会のスタッフと面談し ... Read More

ハサカ県のハサカ市、カーミシュリー市、アレッポ県タッル・リフアト市、アレッポ市シャイフ・マクスード地区、アシュラフィーヤ地区へのシリア軍とシリア民主軍の封鎖合戦がロシアの仲介で解消か?(2021年1月20日)

ハサカ県では、シリア人権監視団が複数筋の情報をもとに発表したところによると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市とカーミシュリー市のそれぞれの市内にあるシリア政府支配地域(いわゆる治安厳戒地区)に対す ... Read More

ロシア軍、第5軍団、クドス旅団による砂漠地帯でのダーイシュ掃討作戦続く(2021年1月20日)

シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機複数機が、アレッポ県、ラッカ県、ハマー県の県境の砂漠地帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点に対して20回以上の爆撃を実施した。 また、ダイル・ザウル県西部からヒムス県東部に至る砂漠 ... Read More

トルコ軍のアレッポ県アフリーン郡への侵攻から2年が経ったのに合わせて、北・東シリア自治局の支配下にあるアレッポ県、ハサカ県、ラッカ県各所で大規模抗議デモ(2021年1月20日)

ANHA(1月20日付)やシリア人権監視団によると、トルコ軍のアレッポ県アフリーン郡に対する「オリーブの枝」作戦開始(1998年1月20日)から2年が経ったのに合わせて、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるア ... Read More