トルコのチャヴシュオール外務大臣は制憲委員会設置に向け「事態変更」を試みるロシアを批判(2018年10月4日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、1月のソチでのシリア国民対話大会で設置合意された制憲委員会に関して「政権、反体制派、市民社会が三つの(制憲委員会メンバー候補者の)リストがあるが…、一部の国が政権にとって有利なようにバランスを変えようとしている」とロシアの姿勢を暗に批判、「事態はそのようにはならない」と述べた。

発言は、ロシアのマリア・ザハロワ外務省報道官が「制憲委員会の発足は困難だ。残念ながら、みなが建設的に考えている訳ではないからだ。だが、我々は建設的に作業を進めるため事態を変更しようとしている」と述べたことへの批判。

AFP, October 4, 2018、ANHA, October 4, 2018、AP, October 4, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 4, 2018、al-Hayat, October 5, 2018、Reuters, October 4, 2018、SANA, October 4, 2018、UPI, October 4, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク