シリア政府は民兵組織バーキル旅団のシリア軍への編入をめざす(2019年2月3日)

ドゥラル・シャーミーヤ(2月3日付)は、複数の地元筋の話として、シリア政府が、バーキル旅団メンバーに対して、アレッポ県南部から撤退し、兵役につくよう要請している、と伝えた。

バーキル旅団は、イラン・イスラーム革命防衛隊の支援を受け、ハーリド・マルイー氏が2014年に12イマーム派住民を動員して結成した民兵で、200人以上の戦闘員を擁するという。

AFP, February 3, 2019、ANHA, February 3, 2019、AP, February 3, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 3, 2019、al-Hayat, February 4, 2019、Reuters, February 3, 2019、SANA, February 3, 2019、UPI, February 3, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク