シリアに駐留するイランの部隊が、アサド大統領の要請を受け、ダマスカス国際空港一帯の兵站拠点をヒムス県に移設か?(2019年2月7日)

イスラエル日刊紙『ハアレツ』(2月7日付)は、シリアに駐留するイランの部隊が、アサド大統領の要請を受け、ダマスカス国際空港(ダマスカス郊外県)一帯の兵站拠点をヒムス県に移設したと伝えた。

同地に対するイスラエル軍の度重なる爆撃を受けたものだというが、情報源は不明。

またRT(2月7日付)も、複数の消息筋の話として、イランがダマスカス国際空港の兵站拠点をヒムス県中部のタドムル市に近いT4航空基地(タイフール航空基地)移設する準備を進めていると伝えた。

AFP, February 7, 2019、ANHA, February 7, 2019、AP, February 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 7, 2019、Haaretz, February 7, 2019、al-Hayat, February 8, 2019、Reuters, February 7, 2019、RT, February 7, 2019、SANA, February 7, 2019、UPI, February 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク