シリア政府は反体制派が放棄したハマー県北部やイドリブ県南部の住民の避難を促すための人道回廊を設置(2019年8月22日)

外務在外居住者省公式筋は、「テロ集団」の活動に対する市民の苦難を鑑み、その軽減のため、ハマー県北部のスーラーン町に人道回廊を設置したと発表した。

同公式筋によると、人道回廊を通じてシリア政府支配地域に避難する市民には避難住居、食料、医療などのすべてが提供されるという。

人道回廊は、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構、トルコの支援を受ける国民解放戦線、「穏健な反体制派」と目されているイッザ軍などからなる「必勝」作戦司令室がイドリブ県南部の要衝ハーン・シャイフーン市およびハマー県北部から撤退したことを受けた措置。

設置された人道回廊には、同地域からシリア政府支配地域に避難する住民を収容・移送するため、大型旅客バス多数やシリア赤新月社の救援チームが派遣された。

SANA(8月22日付)が伝えた。

AFP, August 22, 2019、ANHA, August 22, 2019、AP, August 22, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 22, 2019、Reuters, August 22, 2019、SANA, August 22, 2019、SOHR, August 22, 2019、UPI, August 22, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.