ミクダード外務在外居住者副大臣「トルコがシリア北東部に侵攻した場合、シリア軍は同地の防衛にあたる」(2019年10月8日)

ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣は、米軍が撤退したシリア北東部にトルコ軍が侵攻を準備していることに関して、「トルコがシリア北東部に侵攻した場合、シリア軍は同地防衛にあたることになる」としたうえで、北・東シリア自治局に対して「祖国のゆりかごのなか」に復帰するよう呼びかけた。

ミクダード副大臣は「トルコが領内にいかなる攻撃を行おうと、我々はシリアの領土のすべてを防衛する。いかなる土地であれ、我々はその占領を許さない…。シリア政府はこれまでにも(人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に対して)祖国、そしてシリア国民に対する陰謀が行われていると警告してきた…。北・東シリア自治局は…すべてを失ったのだ。自分自身を失わないようにしなければならない、と言いたい」と述べた。
スマート・ニュース(10月8日付)が伝えた。

AFP, October 8, 2019、ANHA, October 8, 2019、AP, October 8, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 8, 2019、Reuters, October 8, 2019、SANA, October 8, 2019、SOHR, October 8, 2019、UPI, October 8, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク