米主導の有志連合はマンビジュ市、アイン・アラブ市近郊、タブカ市西から部隊を撤退させる(2019年10月15日)

米主導の有志連合のマイルス・B・カギンズIII報道官は、ツイッターのアカウント(https://twitter.com/oirspox)でアレッポ県のユーフラテス川西岸に位置するマンビジュ市から部隊を撤退させたことを認めた。

**

スマート・ニュース(10月15日付)によると、米軍はアレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市近郊のハッラーブ・ウシュク村にある基地を撤収し、部隊を撤退させた。

**

ユーフラテス・ポスト(10月15日付)によると、米軍はまたタブカ市西の拠点を破壊し、同地から部隊を撤退させた。

AFP, October 15, 2019、ANHA, October 15, 2019、AP, October 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 15, 2019、Euphrates Post, October 15, 2019、Reuters, October 15, 2019、SANA, October 15, 2019、SOHR, October 15, 2019、UPI, October 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク