米国とトルコはシリア北東部からYPGを退去させるため、120時間の停戦を実施することを合意(2019年10月17日)

マイク・ペンス米副大統領は、トルコの首都アンカラを訪問し、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談した。

4時間以上におよぶ会談後に開かれた記者会見でペンス副大統領は、トルコのシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)に関して、米国とトルコが同地で停戦を発効することに合意したと明らかにした。

ペンス副大統領は「トルコ側は「安全地帯」から人民防衛隊(YPG)が撤退するのを許すため、120時間、「平和の泉」作戦を停止する」と付言した。

また記者会見に同席したトルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は「「平和の泉」作戦の中断は、武装集団の撤退を監視するためのもので、完全な停止ではない」と述べた。

AFP, October 17, 2019、ANHA, October 17, 2019、AP, October 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 17, 2019、Reuters, October 17, 2019、SANA, October 17, 2019、SOHR, October 17, 2019、UPI, October 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク