内務省総合情報局はロシアの提案に応じ、政府関連施設などの警備を統括する第801課を新設、イランの影響力排除を画策(2019年7月11日)

『シャルク・アウサト』(7月11日付)は、複数の反体制筋の話として、シリア政府が最近、ロシアの提案を受けて、内務省総合情報局内に新たな部局を開設したと伝えた。

この部局は「第801課」と名づけられ、政府関連施設、大使館、ラジオ・テレビ機構、銀行といった重要施設の警備を統括し、これらの施設に複数の治安機関や民兵の監視施設、検問所が濫立することを規制することを任務とするという。

同情報筋によると、第801課は、現在濫立する監視施設や検問所を撤去し、これらの施設の警備を行うことで、シリア国内の重要施設に勢力を伸ばそうとするイランの動きを抑止する狙いもあり、ロシアは米国をはじめとする西側諸国がイランへの圧力を強めるなかで、シリア軍・治安機関へのイランの影響力排除にある程度の成功を収めているという。

AFP, July 11, 2019、ANHA, July 11, 2019、AP, July 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 11, 2019、Reuters, July 11, 2019、SANA, July 11, 2019、al-Sharq al-Awsat, July 11, 2019、SOHR, July 11, 2019、UPI, July 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク