トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団はアレッポ県北部、ハサカ県北部を砲撃(2019年10月8日)

アレッポ県では、ANHA(10月8日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のマーリキーヤ村、シャワーリガ村、アイン・ダクナ村、ハルバル村、ザイワーン村を砲撃した。

また、シリア人権監視団によると、マーリア市のトルコ軍基地から迫撃砲が発射され、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるマリーミーン村、マンナグ航空基地一帯に着弾した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ラアス・アイン市に面する国境地帯に展開しているトルコ軍地上部隊が同市一帯を重火器で攻撃した。

一方、ハーブール(10月8日付)は、県西部にあるシリア民主軍の基地で戦闘員約80人が離反したと伝えた。

離反は、トルコ軍の侵攻が予想されているハサカ県ラアス・アイン市方面への移動を命じられたことを受けたものだという。

AFP, October 8, 2019、ANHA, October 8, 2019、AP, October 8, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 8, 2019、al-Khabur, October 8, 2019、Reuters, October 8, 2019、SANA, October 8, 2019、SOHR, October 8, 2019、UPI, October 8, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.