トルコの支援を受ける国民軍は米・トルコによる停戦合意を高評価(2019年10月17日)

国民軍のユースフ・ハンムード報道官(少佐)は、米国とトルコがシリア北東部での停戦に合意したことに関して、ドゥラル・シャーミーヤ(10月17日付)に対して「幅30キロの「安全地帯」をシリア・トルコ国境に設置するという「平和の泉」作戦の目的が実現する限りにおいて、彼ら(トルコ)は停戦を前向きに見ている」と述べた。

ハンムード報道官はまた「「平和の泉」」作戦はそもそも、米国とトルコの交渉が数ヶ月を経て暗礁に乗り上げたことを受けて、クルド人組織の脅威を排除するために行われていた」と付言した。

AFP, October 17, 2019、ANHA, October 17, 2019、AP, October 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 17, 2019、Reuters, October 17, 2019、SANA, October 17, 2019、SOHR, October 17, 2019、UPI, October 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク