ダイル・ザウル県、ラッカ県でシリア民主軍が襲撃を受け兵士死亡(2020年11月20日)

ダイル・ザウル県では、SANA(11月20日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるズィーバーン町でシリア民主軍が正体不明の武装集団の発砲を受け、兵士1人が死亡した。

シリア人権監視団によると、死亡した兵士は5人。

一方、シリア民主軍は米主導の有志連合のヘリコプターの支援を受けて、フシャーム町、ジュダイド・アカイダート村、アズバ村、マイーズィーラ村で家宅捜査を行い、ダイル・ザウル軍事評議会司令官の兄弟、北・東シリア自治局の職員ら数名を拘束した。

**

ラッカ県では、SANA(11月20日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタブカ市西で、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の車輌が正体不明の武装集団の襲撃を受け、兵士2人が死亡した。

AFP, November 20, 2020、ANHA, November 20, 2020、al-Durar al-Shamiya, November 20, 2020、Reuters, November 20, 2020、SANA, November 20, 2020、SOHR, November 20, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.