ハサカ県とラッカ県でシリア民主軍、アサーイシュが狙われ、3人死亡(2021年1月21日)

ハサカ県では、SANA(1月21日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市南のハラーフィー街道で、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の通過に合わせて道路に仕掛けられていた爆弾が爆発し、兵士2人が死亡した。

また、ハサカ市西のアブドゥルアズィーズ山街道でも、シリア民主軍の通過に合わせて道路に仕掛けられていた爆弾が爆発し、兵士複数人が負傷した。

**

ラッカ県では、SANA(1月21日付)によると、北・東シリア自治局の支配下にあるカラーマ村で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、シリア民主軍の兵士3人が負傷した。

シリア人権監視団によると、カラーマ村ではまた、オートバイに乗った正体不明の武装集団が内務治安部隊(アサーイシュ)を襲撃し、隊員1人を殺害した。

AFP, January 21, 2021、ANHA, January 21, 2021、al-Durar al-Shamiya, January 21, 2021、Reuters, January 21, 2021、SANA, January 21, 2021、SOHR, January 21, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.