トルコ軍はアフリーン市北の戦略的要衝シャイフ・ハルーズ山を制圧(2018年2月4日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局広報センターによると、マアバトリー町近郊のマアムラー村、ハリール村、アールカーナ村、シャッラー村近郊のアラブ・ワイラーン村、ディークマーシュ村、バーフルーン村、ブルブル町近郊のシャイフールザ村、ウバイダーン村、バリールカー村、アリー・カッラー村、ジャンディールス市近郊のハマーム村などで、トルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団が爆撃・砲撃を行い、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍と交戦した。

一方、トルコの支援を受ける反体制武装集団のメンバー6人が離反した。

離反したのはいずれもダイル・ザル県出身者だという。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(2月4日付)によると、「オリーブの枝」作戦を続行するトルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団が、アフリーン市北部の戦略的要衝であるシャイフ・ハルーズ山を制圧した。

**

ラッカ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍広報局によると、トルコ軍国境警備隊がスーサク村内を走行中の車輌複数台に発砲、シリア民主軍がただちに応戦した。

AFP, February 4, 2018、ANHA, February 4, 2018、AP, February 4, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018、al-Hayat, February 5, 2018、Reuters, February 4, 2018、SANA, February 4, 2018、UPI, February 4, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク