トルコ軍と反体制武装集団は南西部からもアフリーン市に接近(2018年3月11日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月11日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が「オリーブの枝」作戦を続行し、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍と交戦、アフリーン市一帯のキーバール村、クーブラー村、カーディー農場、ジャンディールス市近郊のカウカバ村、アンダリーヤ村、カフルバトラー村、クージャカー村、そしてタッルラッフ空港を制圧した。

これによりトルコ軍と反体制武装集団は、アフリーン市南西部5キロの地点に到達した。

トルコ軍と反体制武装集団はまた、ブルブル町近郊の大ジャクマク村、アラムダール村、ジャンジャラ村、小ジャクマク村、アリー・ベーク村を制圧した。

Twitter, March 10, 2018

AFP, March 11, 2018、ANHA, March 11, 2018、AP, March 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 11, 2018、al-Hayat, March 12, 2018、Reuters, March 11, 2018、SANA, March 11, 2018、UPI, March 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク