イラク・アンバール県カーイム郡知事「ブーカマール・カーイム国境通行所を9月1日に再開する」(2019年8月7日)

イラクのアンバール県西部のシリア国境に面するユーフラテス川河畔のカーイム郡のアフマド・ジドヤーン知事は、シリアのダイル・ザウル県ブーカマール市とカーイム市を結ぶブーカマール・カーイム国境通行所を9月1日に再開することが決定されたと明らかにした。

ジドヤーン知事は「カーイム郡とシリアのブーカマール市の間で9月1日に通行所を開通させる合意がなされた」と述べるとともに、今週に入って国境管理局の代表団と国境警備隊の司令官らが、通行所再開に向けた作業を加速させるためカーイム郡に滞在していたと付言した。

なお、8月6日には、シリア・イラク両国の司令部代表が通行所再開に向けて、国境地帯での合同探査を実施していた。

スプートニク・ニュース(8月7日付)などが伝えた。

AFP, August 7, 2019、ANHA, August 7, 2019、AP, August 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 7, 2019、Reuters, August 7, 2019、SANA, August 7, 2019、SOHR, August 7, 2019、Sputnik News, August 7, 2019、UPI, August 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き パーマリンク