シリア軍がアイン・アラブ(コバネ)市各所に国旗を掲揚、住民の歓迎を受ける一方、ラッカ市ではシリア民主軍が親政権デモを行った住民を逮捕(2019年10月17日)

SANA(10月17日付)は、16日にアレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市に進駐したシリア軍地上部隊は、同市内各所にシリア国旗を掲揚、住民の歓迎を受けたと伝え、その写真・映像を公開した。

**

ラッカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月17日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がラッカ市で、同市へのシリア軍の展開を指示するデモ行進を行った住民12人を逮捕した。

AFP, October 17, 2019、ANHA, October 17, 2019、AP, October 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 17, 2019、Reuters, October 17, 2019、SANA, October 17, 2019、SOHR, October 17, 2019、UPI, October 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク