トルコ軍がラアス・アイン市近郊(ハサカ県)を激しく砲撃、国民軍がYPG主体のシリア民主軍、シリア軍と交戦(2019年10月28日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍がラアス・アイン市近郊のアブー・ラースィーン町一帯を激しく砲撃した。

また、タッル・タムル町西のサルマーサ村、カーヒラ村、ラアス・アイン市東のマトムーラ村、ダーダー・アブダール村では、トルコの支援を受ける国民軍が侵攻し、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍およびシリア軍と交戦した。

両者の戦闘はまた、サーリヒーヤ村、アリーシャ市、ダーウーディーヤ村一帯でも発生した。

**

ラッカ県では、SANA(10月28日付)によると、スルーク町でオートバイに仕掛けられた爆弾が爆発し、住民2人が死亡、複数人が負傷した。

AFP, October 28, 2019、ANHA, October 28, 2019、AP, October 28, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 28, 2019、Reuters, October 28, 2019、SANA, October 28, 2019、SOHR, October 28, 2019、UPI, October 28, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク