シリア国内の暴力(2014年7月28日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団がバイト・ティーマー町を迫撃砲で攻撃し、子供3人が死亡した。

また軍はマルジュ市一帯を砲撃する一方、ムライハ市東部および北部前線では、軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が交戦した。

一方、SANA(7月28日付)によると、ムライハ市およびその周辺、ザバディーン農場、ナシャービーヤ農場、アドラー市旧市街、アドラー市ウンマーリーヤ地区、シャイフーニーヤ農場、アーリヤ農場、ザバダーニー市、ラアス・マアッラ市およびマシュラファ市郊外の無人地帯で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市シャッアール地区各所を軍が「樽爆弾」などで攻撃し、子供3人を含む9人が死亡、またジャービリーヤ地区でも軍の空爆により、子供3人、女性1人を含む6人が死亡した。

一方、SANA(7月28日付)によると、ハイヤーン町、ムスリミーヤ村、シャイフ・ルトフィー村、アレッポ市ハイダリーヤ地区、シャッアール地区、ジャズマーティー地区、サーフール地区、ハルワーニーヤ地区、ハナーヌー地区、タッル・ハターバート地区、サラーフッディーン地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、マッザ区、アダウィー地区、ムハージリーン区に迫撃砲弾複数発が着弾した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ナワー市、ブスラー・シャーム市を軍が「樽爆弾」などで攻撃する一方、ジハード主義武装集団が、サナマイン市とイズラア市の軍関係者用団地、サナマイン軍事病院、第9師団基地、第15旅団基地、サルハビーヤ大隊基地を迫撃砲で攻撃した。

一方、SANA(7月28日付)によると、ジャドヤー村、タファス市、ダルアー市ビラール・ハバシー・モスク、ヤルムーク学校一帯で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、ARA News(7月28日付)によると、フリーカ村で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、軍兵士数十人が死傷した。

一方、SANA(7月28日付)によると、ナフラ町、クマイナース町、アルバイーン山周辺、Syriatel塔、ブカフルーン村、バルーマー農場、マアッラトミスリーン町で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(7月28日付)によると、ガースィビーヤ村、マシュラファ村、サアン村、ジャズル・ガス採掘所、ワーディー・アブヤド・ダム、カルヤタイン市、ウンク・ハワー村、ウンム・シャルシューフ村、ダイル・フール村、タルビーサ市郊外で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(7月28日付)によると、ウカイリバート町で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、外国人戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, July 28, 2014、AP, July 28, 2014、ARA News, July 28, 2014、Champress, July 28, 2014、al-Hayat, July 29, 2014、Kull-na Shuraka’, July 28, 2014、al-Mada Press, July 28, 2014、Naharnet, July 28, 2014、NNA, July 28, 2014、Reuters, July 28, 2014、SANA, July 28, 2014、UPI, July 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク