ハサカ市でシリア軍、国防隊とYPGの緊張高まる(2015年1月29日)

ハサカ県では、ARA News(1月29日付)によると、バアス大隊広報局は、「クルディスタン労働者党(民主連合党を指す)が、ヒズブッラー幹部の一人ハーッジ・アブー・マリヤムを拉致」、サッバーグ交差点で、アサド大統領の写真、シリア国旗を引き下ろしたと発表、非難した。

国防隊はまた、ハサカ市パレスチナ通り、フブーブ通り、中央市場などで27から28日にかけて、クルド人青年複数を逮捕した。

このほか国防隊は、ハサカ市空港地区でヒズブッラーによるイスラエル軍への攻撃を支持し、10分にわたり祝砲を撃ち続けた。

AFP, January 29, 2015、AP, January 29, 2015、ARA News, January 29, 2015、Champress, January 29, 2015、al-Hayat, January 30, 2015、Iraqi News, January 29, 2015、Kull-na Shuraka’, January 29, 2015、al-Mada Press, January 29, 2015、Naharnet, January 29, 2015、NNA, January 29, 2015、Reuters, January 29, 2015、SANA, January 29, 2015、UPI, January 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク