シャーム解放機構はイドリブ県南東部で拠点5カ所を奪還する一方、ロシア軍がカフルナブル市を爆撃し、10人死亡(2018年2月4日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月4日付)によると、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団がアブー・ズフール町一帯でシリア軍と交戦し、拠点5カ所を奪還した。

al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018

これに対して、ロシア軍がカフルナブル市を爆撃し、民間人10人が死亡、20人が負傷した。

al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018

al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018

al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018

 

こうしたなか、シャーム解放機構に近いイバー通信(2月4日付)によると、同委員会幹部のアブー・ムスリム・シャーミー氏が、イドリブ県で活動するすべての反体制武装集団に対して、シリア軍の進攻に応戦するよう呼びかけた。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(2月4日付)によると、反体制武装集団がハラスター市郊外の住宅街を砲撃し、7人が負傷した。

**

ダマスカス県では、SANA(2月4日付)によると、反体制武装集団がバルザ区のアッシュ・ウルール地区を砲撃し、8人が負傷した。

AFP, February 4, 2018、ANHA, February 4, 2018、AP, February 4, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 4, 2018、al-Hayat, February 5, 2018、Reuters, February 4, 2018、SANA, February 4, 2018、UPI, February 4, 2018、Wikalat al-Iba’ al-Ikhbariya, February 4, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク