シリア軍はハマー県、イドリブ県を砲撃(2019年2月10日)

ハマー県では、SANA(2月10日付)によると、反体制武装集団がアスィーラ村村を砲撃し、同村の高校に着弾した。

これに対して、シリア軍はサルマーニーヤ村に潜入しようとしたトルキスタン・イスラーム党を砲撃、これを撃退した。

シリア軍はまた、ガーブ平原各所の反体制武装集団拠点を砲撃した。

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍はラターミナ町、カフルズィーター市、ハスラーヤー村、サフル丘、ザカート村を砲撃した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がタマーニア町、スカイク村、タッフ村、タッル・マンス村を砲撃した。

**

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月10日付)によると、ナーフタ町の庁舎前でシリア政府との和解に応じた反体制武装集団の元司令官イスマーイール・ダルアーン氏が小火器を形態し、元メンバーを前に、「和解を強いられた」、「シリア政府が南部を制圧するなかでの合意を拒否する」と演説する画像が公開された。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を2件(アレッポ県1件、ラタキア県1件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を14件(ハマー県7件、ラタキア県6件、イドリブ県1件)を確認した。

AFP, February 10, 2019、ANHA, February 10, 2019、AP, February 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 10, 2019、al-Hayat, February 11, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, February 10, 2019、Reuters, February 10, 2019、SANA, February 10, 2019、UPI, February 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク