米軍が新たな基地を建設するためシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市に車列を派遣(2020年2月8日)

ハサカ県では、ANHA(2月8日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がタッル・タムル町近郊のウンム・カイフ村を砲撃した。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(2月9日付)が複数の地元筋の話として伝えたところによると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市に、米軍の車列が入った。

北・東シリア自治局の支配下にあるハサカ市グワイラーン地区にある人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の施設に新たな基地を設置することが目的だという。

**

トルコ国防省は声明を出し、トルコの占領下にあるシリア北東の「平和の泉」地域(ラッカ県タッル・アブヤド市一帯、ハサカ県ラアス・アイン市一帯)で交通事故が発生、トルコ軍兵士5人が死傷したと発表した。

AFP, February 8, 2020、ANHA, February 8, 2020、AP, February 8, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 8, 2020、Reuters, February 8, 2020、SANA, February 8, 2020、SOHR, February 8, 2020、UPI, February 8, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク