外務在外居住者省は声明でハサカ県やアレッポ県に対するトルコ軍による連日の砲撃を非難、報復権を留保すると発表(2021年9月20日)

外務在外居住者省の公式筋は声明を出し、ハサカ県ダルダーラ村やアレッポ県マンビジュ市一帯、タッル・リフアト市一帯へのトルコ軍による連日の砲撃に関して、公正発展党(AKP)政権が国際テロ組織への支援、主権侵害を続け、国連憲章や安保理諸決議に違反していると非難し、こうした敵対行為に対してシリアが報復権を留保しているとしたうえで、国連事務総長と安保理に厳正に対応するよう求めた。

SANA(9月20日付)が伝えた。

**

アレッポ県では、ANHA(9月20日付)によると、トルコ軍とシリア国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるマンビジュ市北西のアラブ・ハサン村を砲撃した。

トルコ軍とシリア国民軍はまた、タッル・リフアト市近郊のタッル・マディーク村、ズワイヤーン村、シャフバー・ダムを砲撃した。

**

ラッカ県では、ANHA(9月20日付)によると、トルコ軍とシリア国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアイン・イーサー市近郊のファーティサ村を砲撃した。

AFP, September 20, 2021、ANHA, September 20, 2021、al-Durar al-Shamiya, September 20, 2021、Reuters, September 20, 2021、SANA, September 20, 2021、SOHR, September 20, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.