フランスのマクロン大統領「トルコはクルドに対する口実をシリア侵略の口実にすべきでない」(2018年1月31日)

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、『ル・フィガロ』(1月31日付)のインタビューに応じ、そのなかでトルコ軍によるアレッポ県アフリーン市一帯への侵攻に言及、同地を実効支配する西クルディスタン移行期民政局に対する軍事作戦が、シリア「侵略」の口実となってはならないと非難した。

AFP, January 31, 2018、ANHA, January 31, 2018、AP, January 31, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 31, 2018、Le Figaro, January 31, 2018、al-Hayat, February 1, 2018、Reuters, January 31, 2018、SANA, January 31, 2018、UPI, January 31, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク