シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構は共闘関係にあるトルキスタン・イスラーム党の拠点を襲撃(2019年7月8日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構がアレッポ市西部郊外(スィムアーン山郡)にあるトルキスタン・イスラーム党の拠点を襲撃し、通信機器、放送用機材などを押収した。

トルキスタン・イスラーム党は中国新疆ウィグル自治区出身者らからなる武装集団で、シャーム解放機構とは共闘関係にある。

なお、同様の事件は7月2日にも発生しており、このときはトルコ国境に近いイドリブ県のヒルバト・ジャウズ村にあるトルキスタン・イスラーム党の拠点にシャーム解放機構の治安部隊が突入し、メンバー4人を連行していった。

AFP, July 8, 2019、ANHA, July 8, 2019、AP, July 8, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 8, 2019、al-Hayat, July 9, 2019、Reuters, July 8, 2019、SANA, July 8, 2019、SOHR, July 8, 2019、UPI, July 8, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク