ロシアのプーチン大統領とイランのザリーフ外務大臣がソチで会談し、シリア情勢などへの対応を協議(2017年9月13日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領はイランのモハンメド・ジャワード・ザリーフ外務大臣とソチで会談し、イラク情勢、シリア情勢、カタールをめぐる危機などへの対応について協議した。

ザリーフ外務大臣はまた、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣とも会談した。

ザリーフ外務大臣は会談後、シリア情勢に関して「政治的解決に向けた市素敵な以降が近く起きるだろうと楽観視している」とし、14~15日にロシア、イラン、そしてトルコの連携のもとに開催されるアスタナ6会議に期待を寄せた。

『ハヤート』(9月14日付)が伝えた。

AFP, September 13, 2017、ANHA, September 13, 2017、AP, September 13, 2017、ARA News, September 13, 2017、Champress, September 13, 2017、al-Hayat, September 14, 2017、Kull-na Shuraka’, September 13, 2017、al-Mada Press, September 13, 2017、Naharnet, September 13, 2017、NNA, September 13, 2017、Reuters, September 13, 2017、SANA, September 13, 2017、UPI, September 13, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク