トランプ米大統領「有志連合はイラク、シリア領内のダーイシュの支配地をほぼ100%奪還した」(2017年12月31日)

ドナルド・トランプ米大統領は、ホワイト・ハウスでの定例会見で、「我々はISIS(ダーイシュ(イスラーム国))として知られる殺戮テロリストに対する戦いで歴史的な前進を成し遂げた。ISISを打ち負かすための有志連合は今日、このテロリストがイラクとシリアで掌握していた領域をほぼ100%奪還した」と述べた。

**

ロシア連邦議会下院国際問題委員会議長アレクセイ・プシュコフ氏は、トランプ大統領のこの発言に関してFacebookで「現実に沿っていないし、現実と何の関係もない。それはフェイクで、政治的な目的があっての発言だ」と批判した。

AFP, December 31, 2017、ANHA, December 31, 2017、AP, December 31, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 31, 2017、al-Hayat, January 1, 2018、Reuters, December 31, 2017、SANA, December 31, 2017、UPI, December 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク