ジョンソン英外務大臣はイスラエルに対するイランの挑発行為を非難(2018年2月12日)

英国のボリス・ジョンソン外務大臣は、シリア軍によるイスラエル軍戦闘機撃墜に関して、「我々は、シリアでの真の和平プロセス開始に向けた取り組みから注意を反らそうとするイランの振る舞いを懸念している」と述べうえで、ロシアに対し「(シリア)政府とその支援者たちに圧力をかけ、挑発行為を行わせない」よう求めた。

ロイター(2月12日付)が伝えた。

AFP, February 12, 2018、ANHA, February 12, 2018、AP, February 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 12, 2018、al-Hayat, February 13, 2018、Reuters, February 12, 2018、SANA, February 12, 2018、UPI, February 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク