イスラエルのオレン副首相「米国はシリア、イラン、イスラエルの対立をめぐって何の影響力もない」(2018年2月12日)

イスラエルのマイケル・オレン首相府外交担当副首相は米ブルームバーグ(2月13日付)のインタビューのなかで、10日のシリア軍によるイスラエル軍戦闘機撃墜に関して、イスラエル、シリア、イランの関係をめぐる「カードを握っている」のがロシアだとしたうえで、「戦争勃発は誰の利益にもならない…。ロシアは対立を終息させるとの期待感がある…。ロシアにはシリアとイランに力尽くで圧力をかける機会があると考えている。事態を見守りたい」と述べた。

その一方で、米国に関しては、イスラエルを支援してはいるものの、「現地で何らの影響力もない」と述べた。

AFP, February 12, 2018、ANHA, February 12, 2018、AP, February 12, 2018、Bloomberg, February 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 12, 2018、al-Hayat, February 13, 2018、Reuters, February 12, 2018、SANA, February 12, 2018、UPI, February 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク