有志連合を主導する米軍は無人航空機でロシア製のT-72戦車を破壊(2018年2月13日)

米主導の有志連合のライアン・ディロン報道官(大佐)は、有志連合が2月10日、ダイル・ザウル県のユーフラテス川左岸に位置するタービヤ村近郊で爆撃を実施し、ロシア製のT-72戦車1輌を破壊したと発表した。

ディロン報道官によると、破壊された戦車は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍や有志連合に対して砲撃を行っており、爆撃は「自衛」のためのものだったという。

アナトリア通信(2月13日付)が伝えた。

なおミリタリー・コム(2月13日付)によると、T-72に対する爆撃を行ったのは、米空軍の無人航空機MQ-9リーパー。

Military.com, February 13, 2018

AFP, February 13, 2018、Anadolu Ajansı, February 13, 2018、ANHA, February 13, 2018、AP, February 13, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 13, 2018、al-Hayat, February 14, 2018、Reuters, February 13, 2018、SANA, February 13, 2018、UPI, February 13, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク