ロシアのラヴロフ外務大臣「アフリーンの問題を解決するためトルコはシリア政府と直接対話すべき」(2018年2月20日)

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、アレッポ県アフリーン市一帯の情勢に関して、「トルコの安全保障は…シリア政府との直接対話を通じて完全に実現する…。トルコが国境地帯で起きていることに対するトルコ側の懸念も理解している」と述べた。

ラブロフ外務大臣はまた「クルド人の要求についても理解している…。だが、我々が承認しないこと、そして我々が反対していることは、一部の外国勢力が、シリア、さらにはこの地域で活動するために彼らの要求を先取りして主張しようとすることだ。それはクルド人民の要求とはつながりはなく、彼ら自身の狭量た地政学的目的を実現することが狙いだ」と付言、米国を暗に批判した。

AFP, February 20, 2018、ANHA, February 20, 2018、AP, February 20, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 20, 2018、al-Hayat, February 21, 2018、Reuters, February 20, 2018、SANA, February 20, 2018、UPI, February 20, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク