米ホワイト・ハウスはロシア軍による東グータ地方への爆撃を非難(2018年3月4日)

米ホワイト・ハウスは声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方に対するロシア・シリア両軍の爆撃を厳しく非難した。

声明では、「ロシア、イランの支援を受けて、アサド政権が東グータ地方の住民に対して断続的に行う軍事攻撃を非難する」としたうえで、「ロシア軍戦闘機は2月24日から28日までの期間に東グータ地方で少なくとも20回の任務を遂行した…。ロシアは停戦の条件を無視し続けている」と批判した。

AFP, March 5, 2018、ANHA, March 5, 2018、AP, March 5, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 5, 2018、al-Hayat, March 6, 2018、Reuters, March 5, 2018、SANA, March 5, 2018、UPI, March 5, 2018などをもとに作成。

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク