フォード前駐シリア米大使「イスラーム軍とラフマーン軍団に伝えたい。ヒムス市やアレッポ市東部と同じことが東グータ地方で起きるだろう。誰も同地を救おうとはしない」(2018年2月27日)

ロバート・フォード前駐シリア米大使は『シャルク・アウサト』(2月27日付)に論説記事(https://aawsat.com/home/article/1187886/)を寄稿、そのなかでダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続けるイスラーム軍とラフマーン軍団に「誰も東グータ地方を救うために介入することはないだろうというメッセージを送りたい」と述べた。

フォード前大使は以下の通り綴った。

「東グータ地方にいるイスラーム軍とラフマーン軍団、国際社会、国連、西側諸国、アラブ世界にメッセージを送りたい。彼らが東グータ地方を救うために介入することはない、と…。事実、彼らははヒムス市も、アレッポ市東部もこれまでに救済しなかった。国連での18番目、19番目、20番目の決議もあなた方を救うことはないだろう…。ヒムス市でも、アレッポ市東部でも、民間人数千人が命を落とした後に、シリア軍が最終的に両市を制圧した。戦闘員とその家族は遅かれ早かれ退去した。同じことが東グータ地方でも起こるだろう…。数千という民間人のために活動するというあなた方(イスラーム軍とラフマーン軍団)に求めたい。あなた方の戦略がヒムス市やアレッポ市東部の時と同じだとしたら…、別の措置を検討すべきだ…。革命を高めるためにそうするべきだ」。

al-Sharq al-Awsat, February 27, 2018をもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク