ロシアのプーチン大統領はアサド大統領に親書を送り、アレッポ県アフリーン市に迫るトルコ軍に対峙するためのシリア軍監視所の位置を指定(2018年3月11日)

『シャルク・アウサト』(3月11日付、イブラーヒーム・ハミーディー記者)は、「オリーブの枝」作戦を続行するトルコ軍と反体制武装集団によるアレッポ県アフリーン市制圧が現実味を帯びるなか、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領がアサド大統領に親書を送ったと伝えた(https://aawsat.com/home/article/1200911/)。

同紙によると、ロシア軍高官1名が2日前(9日)、プーチン大統領の親書を携えてシリアの首都ダマスカスを訪問、アサド大統領に手渡した。

親書には、トルコ軍に対峙するかたちでシリア軍が展開するアレッポ県北部の監視所を明確に指定していたという。

この高官はまた、書簡とともに、シリア軍が展開すべき監視所を記した地図を手渡した。

そこには、反体制武装集団の拠点都市であるアアザーズ市近郊、西クルディスタン移行期民政局支配下のタッル・リフアト市近郊、シリア政府支配下のヌッブル町、ザフラー市近郊の10カ所が指定されていたほか、アスタナ会議の保証国であるロシア、トルコ、イランの合意のもとに設置合意された7つの監視所も書き込まれていたという。

これらは、トルコ軍とロジャヴァの衝突を回避するための監視所で、トルコ軍はこれらに対峙するかたちで、イドリブ県、ハマー県、アレッポ県内に同様の監視所を12、ないしは13カ所設置する予定だという。

AFP, March 12, 2018、ANHA, March 12, 2018、AP, March 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 12, 2018、al-Hayat, March 13, 2018、Reuters, March 12, 2018、SANA, March 12, 2018、al-Sharq al-Awsat, March 11, 2018、UPI, March 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク