米国防総省報道官「アサド政権が塩素ガスを使ったことを示す証拠に自信はあるが、検証中で公開はしない」(2018年4月14日)

米国防総省のダナ・ホワイト報道官は、米英仏がシリア攻撃の根拠とした7日のダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市での塩素ガス使用疑惑事件に関して、塩素ガスが使用されたこと、そしてそれがシリア軍によるものだとの証拠を握っているのかとの問いに対して、様々な情報を得ているとしつつも、いまだ検証中で、その内容については明らかにしないと述べた。

ホワイト報道官は「我々はまだ検証中だ。だが、国防長官は昨晩(米東部時間13日)、我々がすでに握っている証拠に自信を持っていると述べた。だから、彼は昨晩の爆撃を推奨したのだ。しかし、我々はいまだ検証中で、詳細な情報を入手中だ。さらに詳細を入手したら、示すことができるし、そうするつもりだ…。いろいろな情報があるが、それについて今は話したくない」と述べた。

AFP, April 14, 2018、ANHA, April 14, 2018、AP, April 14, 2018、al-Durar al-Shamiya, April 14, 2018、al-Hayat, April 15, 2018、Reuters, April 14, 2018、SANA, April 14, 2018、UPI, April 14, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク