アラブ連盟首脳会議が開幕:議長国のサウジアラビアは米英仏のシリア攻撃を無視(2018年4月15日)

サウジアラビアのダーランでアラブ連盟首脳会議が開幕した。

議長国であるサウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王は基調演説を行い、パレスチナ問題、イエメン情勢、リビア情勢、テロの脅威、イランによる干渉政策について言及したが、14日の米英仏のシリア攻撃には触れなかった。

AFP, April 15, 2018、ANHA, April 15, 2018、AP, April 15, 2018、al-Durar al-Shamiya, April 15, 2018、al-Hayat, April 16, 2018、Reuters, April 15, 2018、SANA, April 15, 2018、UPI, April 15, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク