WHO「猛暑と水質汚染によりシリア人避難民が死の危険に曝されている」(2018年7月12日)

国連世界保健機関(WHO)は声明を出し、猛暑と水質汚染によりシリア人避難民が死の危険に曝されていると警鐘を鳴らした。

WHOは声明で「気温が摂氏45度に達するなか、子供12人を含むシリア人少なくとも15人が先週、水不足と水質汚染による疾病で死亡した」と警鐘をならし、シリア南部のすべての当事者に対して、医薬品の提供、患者の搬送を認めるよう要請した。

AFP, July 12, 2018、ANHA, July 12, 2018、AP, July 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 12, 2018、al-Hayat, July 13, 2018、Reuters, July 12, 2018、SANA, July 12, 2018、UPI, July 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク