ロイター:2018年に入ってシリア軍が新たに3度化学兵器攻撃を行ったと国連調査メンバーが指摘(2018年9月12日)

ロイター(9月12日付)は、国連の複数の調査メンバー(U.N. investigators、匿名)が報告書のなかで、シリア軍がその後も3度にわたって化学兵器(塩素ガス)を使用したと指摘、戦争犯罪を追究していると伝えた。

化学兵器の使用が新たに指摘されたのは、2018年1月から2月初めにかけてのダマスカス郊外県東グータ地方とイドリブ県での戦闘で、米英仏によるミサイル攻撃のきっかけとなった4月7日のドゥーマー市での化学兵器使用疑惑事件については調査が続いているという。

なお、2013年以降、シリア国内で発生した化学兵器使用疑惑事件39件のうち、33件がシリア軍によるもので、残りの6件について実行犯は特定されていないという。

AFP, September 12, 2018、ANHA, September 12, 2018、AP, September 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, September 12, 2018、al-Hayat, September 13, 2018、Reuters, September 12, 2018、SANA, September 12, 2018、UPI, September 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク