トルコ軍はロシアとの連携パトロールに向けて、反体制派が重火器を撤去したイドリブ県の非武装地帯に車輌、武器を配備(2018年10月8日)

アナトリア通信(10月8日付)は、トルコが後押しする国民解放戦線所属の武装集団やシリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が、イドリブ県に設置された非武装地帯から重火器の撤去作業を行うのと並行して、ロシア軍との連携パトロールの実施を準備するため、同地帯に新たな車輌や武器を配備したと伝えた。

AFP, October 8, 2018、Anadolu Ajansı, October 8, 2018、ANHA, October 8, 2018、AP, October 8, 2018、al-Durar al-Shamiya, October 8, 2018、al-Hayat, October 9, 2018、Reuters, October 8, 2018、SANA, October 8, 2018、UPI, October 8, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク