イラン・イスラーム革命防衛隊のジャアファリー総司令官はシリア国内に10万の「イランの部隊」がいると発表(2019年3月17日)

イラン・イスラーム革命防衛隊のモハンマド・アリー・ジャアファリー総司令官(少将)は、シリアに駐留するいわゆる「イランの部隊」の数を初めて明らかにした。

ファルス通信(3月17日付)によると、ジャアファリー総司令官は「シリアで10万の戦闘員からなる人民部隊が結成された…。この部隊はダーイシュ(イスラーム国)、ヌスラ戦線(シャーム解放機構)、シリア人武装勢力に対峙してきた。シリア人民こそが同地でのレジスタンス部隊の主軸をなしている」と述べた。

AFP, March 17, 2019、ANHA, March 17, 2019、AP, March 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 17, 2019、FARS, March 17, 2019、al-Hayat, March 18, 2019、Reuters, March 17, 2019、SANA, March 17, 2019、UPI, March 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク