米主導の有志連合がラッカ市内で空挺作戦を実施し、ダーイシュのメンバー3人を拘束・連行(2019年4月13日)

ラッカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(4月13日付)によると、米主導の有志連合が、北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ市のサイフ・ダウラ通りとバドゥウ地区で空挺作戦を実施した。

作戦実施と合わせて、有志連合の航空機がラッカ市上空を旋回、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が市内に展開した。

空挺作戦ではダーイシュ(イスラーム国)のメンバーと思われる3人が拘束され、有志連合のヘリコプターで連行された。

AFP, April 13, 2019、ANHA, April 13, 2019、AP, April 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, April 13, 2019、al-Hayat, April 14, 2019、Reuters, April 13, 2019、SANA, April 13, 2019、UPI, April 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク