パレスチナのガザ地区でゴラン高原に対するイスラエルの主権を認めたトランプ米大統領の決定に抗議するデモ(2019年5月3日)

パレスチナのガザ地区で「帰還・包囲解除のための国民最高委員会」の呼びかけにより、ゴラン高原に対するイスラエルの主権を認めたドナルド・トランプ米大統領の決定に抗議するデモが行われ、パレスチナ人数千人が参加した。

デモは「ゴランはシリア・アラブ」と銘打たれ、トランプ大統領の決定に拒否の姿勢を示すとともに、シリア国民との連帯が訴えられた。

SANA(5月3日付)が伝えた。

AFP, May 3, 2019、ANHA, May 3, 2019、AP, May 3, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 3, 2019、al-Hayat, May 3, 2019、Reuters, May 3, 2019、SANA, May 3, 2019、UPI, May 3, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク