シリア北東部の国境地帯に「安全地帯」の設置を目的とする合同作戦センターを開設するため、米軍の使節団がトルコのシャンルウルファ市に到着(2019年8月12日)

トルコ国防省は声明を出し、北・東シリア自治局の支配下にあるシリア北東部の国境地帯に「安全地帯」の設置を目的とする合同作戦センターを開設するため、米軍の使節団がトルコのシャンルウルファ市に到着したと発表した。

使節団は6人からなるという。

AFP, August 12, 2019、ANHA, August 12, 2019、AP, August 12, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 12, 2019、Reuters, August 12, 2019、SANA, August 12, 2019、SOHR, August 12, 2019、UPI, August 12, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク