ロシアとトルコは緊急会合で停戦とハーン・シャイフーン市の処遇を協議(2019年8月21日)

トルコの支援を受ける国民解放戦線のアブー・スブヒー・ナッハース政治局長は、シャーム解放機構、国民解放戦線、イッザ軍などからなる「必勝」作戦司令室がイドリブ県ハーン・シャイフーン市、ハマー県北部を放棄したことを受け、トルコ・ロシア両国の高官が緊急会合を開いたことを明らかにした。

ナッハース政治局長によると、会合はイドリブ県を中心とする緊張緩和地帯第1ゾーンでの停戦、ハーン・シャイフーン市の処遇を協議するのが目的で、反体制派は会合の結果を待っている状態だという。

イナブ・バラディー(8月21日付)が伝えた。

これに関して、ラタキア県フマイミーム航空基地の駐留ロシア軍のアレクサンドル・イヴァノフ報道官は、会合の目的が停戦とハーン・シャイフーン市の処遇を協議することにあることを認めた。

AFP, August 21, 2019、ANHA, August 21, 2019、AP, August 21, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 21, 2019、‘Inab Baladi, April 21, 2019、Reuters, August 21, 2019、SANA, August 21, 2019、SOHR, August 21, 2019、UPI, August 21, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク